見出し画像

登山未経験者が日本一の山、富士山に登ってみた

8/11の山の日に、

富士山に登ってきました!


えええ!いつの間に!と

みんなに言われました。ハイ。



事の発端は、私が漠然と、

富士山登りたいなーって思ってて、


毎年夏になると思うんですけど、

登れてなくって、


今年は、「やりたいことやっちゃう」

年にしようと思ってたんで、


登るか。



みたいな。


軽い(笑)



で、今年始まってから

友達何人かに登ろー!って言ってたんだけど


「いいよ」


って一つ返事で言われて、

内心(え、富士山だよ?大丈夫かな?)



と思いながらも
まあ、登るって言ってるんだからいいか。

と口約束。



ついに7月末、

「ねね、富士山どーする?大丈夫?練習した?」



って運動不足の私が言うセリフではないのだが


友達の方が運動とか

出かけたりしない人だったので念押し。



「高尾山登っとこうと思ったけどできなかった」って。

おいおい、大丈夫かよ

(人のこと言えない)。。。



8月。


さあ、まずは申し込み。




してから気づく。


え?
天気予報・・・


”雷雨”なんですけどwwwwww

初心者で雷雨はマズいだろ、と。



いや、そもそも富士山で

雷雨は登っちゃダメっぽい。



え、ここにきて中止?
と思いきや前々日。

何と台風の軌道が変わり、

落ち着いたため11日は快晴!





きたーーーーーーーーーーーーーーーーー



晴れ女とはこのわたしのことよ。



当日。


レンタルしに新宿まで行き、バスに乗る。


手ぶらで行って手ぶらで帰れる、手軽さね。


びっくり。


こりゃ、準備なんもなくても行けるわな。
実際、着替えも何も持って行かずに行けました

(下着はもってたよ)




汗もかくし、暑いし、日焼けもする。



でも8合目の山小屋着いたあたりで、

すでに寒かった。19時頃。



カレーたべて、

3時間の睡眠取って、


23時に出発!


いやー、意外と過酷だよね!



だってトイレも毎回200円~かかるし、


仮眠3時間で山頂まで登らなきゃで、

高山病気にしながら、


深呼吸しながら行くんだもん。





いくら体力に自信あるわたしでも、

結構ハードだったね。



でもその分、

山頂にたどり着いた時の達成感。



夜明けのタイミングの美しいご来光。




雲のはるか上でも人間って呼吸できるんだ。

みたいな。




夕焼けなのかわからないほどの

見渡す限りオレンジ色の景色。



すべての疲労が取れたような、

素敵な時間だった。




3,776m




大自然の中、

深呼吸して歩いてきた富士山の登り路。


とっても空気がきれいで、

ずっと吸っていたいぐらい。


普段呼吸してる空気って

あんなに”重い”んだなあって。



夜中の満天の星空。

天然プラネタリウム。


大量の流れ星。

何個見ただろうか。

星ってこんなに動くんだと。



普段できない経験をすると、

人って気づかないうちに成長する。



富士山の山頂のその頂きで、涙が自然と出た。




あっという間の山頂の景色だった。



感動の山頂もつかの間の時間。


勝負は結構ここからかもしれない。



下山。

だいたい富士山の登頂時間は

初日5時間+仮眠後の2時間+下山4時間。



これ仮眠してるだけで

ほぼ寝てないうえに

山頂までついて「やったー」からの


すぐ下山だから。



下山のなんと長く感じられることか。 



特にね、登りって、

5合目から8合目まで行くでしょ、

5時間かけて。



また3時間仮眠して

ゆーーっくり2時間~3時間で

山頂まで行って、


山頂でご飯食べれるんだけど

1時間ぐらいかなゆっくりして。




そんでおはち巡りして1.5時間。


山頂拝んで1~2時間。



そして下山は10合目から

一気にワーって下りるわけなんですね。



つまり、下山は長い時間かけて

ゆっくりゆっくり上った3,776mから


一気に5合目まで下りるわけなんですよ!



拷問!!!!!



足もげそうになったし、

一歩間違ったら骨折とかするぐらいの疲労。


そして日は登ってるから暑いし。


8合目からはツアーも自由で、

5合目の集合時間に間に合うようにって。


いやー、きつかった。

リアルに。


登頂率は一概に言えませんが、

だいたい60~70%らしいです。




登頂をやめてしまうほとんどの理由が

高山病やケガなどで引き返すことです。



私たちのツアーも新宿から

バスで行くとき18人いたのですが、


8合目の山小屋で15人。


山頂まで行ったのは13人でした。


わたしと友達は登山自体初めてで、

トレーニングもせず、登頂できましたが、


一般的に、10kg程度の荷物を

持って15時間歩き続けることができないと


富士登山は厳しいと言われています

(平坦な道をひたすら15時間の方がキツイ気もする)



わたしは山頂で少し気持ち悪い時がありました

(高山病になる手前ぐらい)



なぜ登れたかっていうと


結論気合いです。(笑)



普段からアクティブに過ごしているし、

体力に自信があるからこそ、


気合いで登れましたが、

なかなかそうはいかないので気を付けてください。



装備も真夏でも

防寒具と靴、雨具、リュックは必須です。 



もし挑戦される方、頑張ってください。



登るのはいいけど下山がつらすぎて、

しばらくは行かないだろうと思います。



是非、登ってみてください。



自信にもつながりますし、なにより、



あの感動は忘れられません。



わあしのプロフィール


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!シェアもお願いします!
11

ayakyamaru _ 毎日note更新

【世界の景色を実際にこの目でみる】スポーツ、読書、旅。いろんなものを体感して、私だからこそ感じれたことを伝えたい。どうせ生きるなら、やりたいこと、好きなことをして生きたい。太田母斑とともに生きる25歳のtraveler。https://seaat357.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。