少しの英語力で使える海外SEO・アフィリエイト情報をリサーチする方法

SEOの情報源に困っているアフィリエイター、ブロガーへ。
この記事は、こんな事でお困りの方が対象です。

・十分な数の情報が見つからない
・知りたい、ピンポイントな情報が見つからない
・ペナルティや順位変動時などに、素早く情報を提供する人が少ない

こう言った方は、海外のSEO情報まで含めて探してみる事をお勧めします。

良い情報が十分な量で、素早く見つかる事が珍しくありません。

と言うのも、日本と欧米ではSEO業界の大きさが数百倍ほどの差があるからです。「SEOのプロ」の数も日本の数百倍の人数がいると考えられます。

約500億円が日本のSEO市場規模ですが、米国では約8兆円と言われています。欧州も入れると、その数倍の規模になると考えられます。
その分、日本と欧米では数百倍のSEO関係者の数の差がある事になります。

これは日頃よく海外のSEO情報を漁っている私自身の体感とも一致します。私はSEO情報を調べる時に先に英語で調べるのですが、その理由は、英語の方がSEOの情報がよく見つかるからです。

でも海外の情報ってどう探せばいいの?難しくない?

海外の情報の探し方は、簡単です。と言うより簡単に調べるやり方が存在します。
この記事ではその方法をお伝えします。

目次

・実は海外のSEO業界で使われる英単語は多くは無い
・濃いSEOの情報が飛び交う海外サイトリスト
・超マニアックなSEO情報が掲載された海外サイトリスト
・動画でSEO情報を探すためのサイト/チャネルリスト

このnoteが適さない人

以下に一つでも当てはまる人は、この記事は買わない事を推奨します。

・既に日頃から海外のSEO情報を長年漁っている人
・英語に対する苦手意識の強い人
・英語で情報収集する事を煩わしいと感じる人
・アフィリエイター、ブロガー以外の人
・SEOに興味が無い人

実は海外のSEO業界で使われる英単語は多くは無い

実は海外のSEO業界で使われる英単語は多くはありません。
まずは、頻出の英単語をある程度覚えておきましょう。

基礎的な単語

この続きをみるには

この続き:6,252文字

少しの英語力で使える海外SEO・アフィリエイト情報をリサーチする方法

おおき(SEOコンサル)

4,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

あとで読む

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。