見出し画像

ぼくらはつながり、つながる

今日は会社の同期の結婚式に参列した。3回目の結婚式の参列となった今回だったが、回を経るごとに結婚式というのは本当に凄まじいなと感じている。

この2人が結ばれる、ということがこれだけの人に祝福されるということを目の当たりにすると、本当に1人の人間が関わりあう人の数に驚く。

そして、これだけの人にこの人は愛されて今までを生きていて、これからはもっとその数を増やしていくんだろうと思う。逆を敢えて言うのであれば、何かしらの不幸が訪れた時、これだけの数の人が悲しむということでもある。

この地球上でそれぞれのバックグラウンドを持つ2人が偶然に出会い、新しいストーリを作っていく。式場に集まった人たちはそのバックグラウンド作りに間接的か直接的かあるいは両方で参画していて、その結果としての今日という日があるというのはとても感慨深い。

わかりやすくすると、出会った時にそういう性格でいなければ、そういう趣味がなければその人と結ばれなかったかもしれない。その趣味や人格は数多の人ととの関わり合いの中で出来上がったものであるはずだから、どれか1要素でも抜けるとその時のその人はいないことになる、ということだ。

そう思うと参列させてもらったぼくも少なからずはこの喜ばしき多幸感あふれる空間の一助を担えていると思うと少し自分を誇らしく感じた。

そして、そんな今のぼくを作ってくれている今までぼくに関わった人すべてにありがとうを伝えたいと本気で思った。それは、まぁいつかぼくが結婚することがあれば、そんな機会もあるのかもしれない。

でも、とりあえず明日何かで死んでしまうなんてこともなくはないので、今日は今日でぼくは今の自分を作り上げてくれたみなさんに本当に心からのありがとうを伝えたい。

ありがとうございます。


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。なんとnote連続80日目でした。こうしてネットで出会う文章で顔も知らない人たちにもぼくは作り上げてもらっているのも間違いない事実で、ぼくは本当に広くいろんな人を好きになれる気がします。

では、また明日。

#毎日投稿 #毎日note #毎日更新 #日記 #エッセイ #結婚式 #結婚



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。あなたのおかげでこれからも頑張れます。
11

ぼんじゅーるくま

社会人3年目のしがない小売業界会社員(外商)。宇多田ヒカルが好きで黒猫を飼っています。あとテニスを観るのも大好き。ぼくのありふれた日常と感じたことの記録。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。