初心者向け!物販で年商数億稼ぐ社長のせどりノウハウ基礎知識編


この度はご覧いただきありがとうございます!


今回は「せどりのノウハウの基礎知識編」となっています。



せどり初心者に特化した内容になっていますのでよろしくお願いします。


ぜひ頑張って実践していってください。




【せどりのほかにも情報満載のコンテンツはこちらから】


私の詳しいプロフィールなどはブログからご覧いただけます。



せどり中国輸入情報満載のLINE@

せどりノウハウ満載のブログ

中国輸入ビジネスブログ

中国輸入Facebookページ

スズキのツイッター





目次
1. せどりとは?
2. どうやって販売するの?
3. 仕入先は何処なの?
4. 商品を仕入れるお金はどうするの?
5.  売れる商品の調べかた
6. 出品の仕方は?
7. 最後に「圧倒的に稼ぎたいあなたへ」



それでは本編です。



1.せどりとは? 



今副業としてブームになっていると言われているのが「せどり」。






 忙しいサラリーマンの副業にもぴったりということで、たくさんの人が始めています。 



実際に私もサラリーマンの方や、主婦の方、若い女性の方に多くせどりを指導してきました。






私のように「せどり」に出会うことで、人生が変わった人もたくさんいますし、私が指導した人のなかで独立して 専業の「せどらー」として活躍する人も数多くいます。 



・・・ですが、 




実際のところ、せどりで成功している人は10人に1人くらいと言われています。 


副業で気軽に始めたはいいが、やり方がわからなくて結局やめてしまう人が多いのですよね。


 私自身もせどりを始めたはいいが、全くやり方がわからずに全く結果が出なかった時期がありま した。


その後に実績者から具体的に指導してもらってから収益が爆発しました。 




料理に例えるなら、やり方もしらずに食材だけ与えられても何もできませんよね? 


包丁の使い方や、調理の仕方を教わって初めて美味しいご飯が作れるのと一緒です。 私も初めはそんな感じでした(笑) 



今では大抵どんな食材がきても正しい料理方法を知っているので、美味しいご飯が作れます! 


そんな「せどり」ですが、一体どういう仕組みでお金が儲かるのか?


 って気になると思いますが、非常にシンプルなしくみです。 





安く仕入れて高く売るだけ 



これだけなんですね。 



これは商売の基本中の基本です。


 サラリーマンが普段いくようなお店に行って、安くなっている商品を買ってくる。


 そして「ある場所」で高く販売する。


 そうすることで利益がでます。 あとは、その繰り返しです。 



一例を挙げると、 ドンキホーテなんかで格安で売っている、スマホのケースなんかが高く売れたりします。 




300円で仕入れ→3000円で販売 



これを10個買ってきて売れば約30000円の利益になりますね。 



サラリーマンの一月のお小遣いが30000円~50000円と言われるので、コツさえつかめばそれ位 は簡単に稼ぐことができます。 



これが「せどり」が稼げる理由です。 




2. どうやって販売するの? 




じゃあ、どうやって販売すればいいの?


って話ですよね。 販売先はあなたもよく利用している「Amazon」です。


 仕入れた商品をAmazonに送ってAmazonに販売してもらうんですね。


簡単でしょ! 



あなたがやることは、とにかく商品を探して仕入れること。 



これにつきます。 


もちろんヤフオクなどのオークションで販売してもOKです。 



Amazonがオススメな理由は、「販売力」につきます。


 今日本で一番売上があるネット販売の会社はAmazonです。


 そのAmazonの力を借りるんですね。 




Amazonには「マーケットプレイス」という一般の方が気軽に商品を出品できる制度があります。 



新品だけでなく、中古の品物も販売できます。 


その種類は多く、ほとんど何でもといっていいほど販売することが出来ます。 



例えば、あなたの身の回りの読み終わった本、DVD、ゲームや使わなくなった家電、カメラなど 実に多くのものが販売できます。


 お客さんへの発送、入金管理、返品やキャンセルなどのやりとりも全てAmazonがやってくれます。



Amazonへ出品するにはこちらのページから 詳しい説明が記載されています。 



出品するにあたって、Amazonにあなたのお店を出すことになります。 


・お店の名前を決める 

・小口出品者か大口出品者を選ぶ 


この2つを決める事になります。 




ちなみに小口出品者は1つの商品を販売するたびに手数料としてAmazonに約100円払います。 


大口出品者は月4900円払うことで、100円の手数料がかからなくなります。 


たくさん出品するひとは大口出品者を選びましょう。 


ちなみにせどりをする人はほぼ9割がた大口出品者です。 


手数料もバカになりませんからね。 






3. 仕入れ先はどこなの? 



せどりの仕組みは分かったけど、じゃあ一体どこで仕入れすればいいの? 


ということですが、


仕入先は物が売っているところならばどこでもOKです。 



基本的にAmazonの相場より安く売っていれば、なんでもありです。 



・・・・・ってこれだけじゃあわからないですよね。 




それがわかれば苦労しないと思います。


 せどりを挫折してしまうほとんどの人が、 


「何を仕入れしたらいいのかわからない」 



ってことでやめてしまいます。 






そんなあなたに、コッソリと仕入先をお教えします。



この続きをみるには

この続き:4,312文字/画像8枚

初心者向け!物販で年商数億稼ぐ社長のせどりノウハウ基礎知識編

スズキ@物販年商2億円社長

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。