ローカルビジネス(カフェなど)のホームページがほとんど意味ないのでは...という話

ローカルビジネスの集客ってなんとなくリアルの広告媒体に頼ってしまう。地元のカフェとから喫茶店のHPって「ただ存在している」という状態が少なくないです。

そもそも論、ホームページが無いという場合もあります。それ自体は全然問題ではなくて、オフラインで集客する仕組みが整っていれば問題無いわけですが。

と大手メディアじゃあるまいし、webにかけることができるお金はない。ところが、一応ホームページくらいは...ってくらいの感じで置いてあるホームページなんかも少なくない。

でもそれもコストかかっているんですよね。サーバー代が月に1000円、独自ドメインが500円と考えると1500円。1500円の回収はコーヒー3杯と考えたら安いのかもしれないですが。ホームページ作成を外注すれば5〜うん10万。

それだけのコストをかけて小規模店舗がホームページを持つ意味ってどこにあるんでしょうか。

その辺りの考えたことをまとめてみます。


なぜそんなことを考えたのか

私の実家は、築100年以上の土蔵を改装した蔵カフェ「喫茶エントワ」を2017年の4月にオープンしました。そして、10年前には完全に地元の森と化していた土地は大きな駐車場になって、カフェもそれなりに順調に運営していました。

オーナーである父はオープンして間もなく言いました。「ホームページを用意したい。」

私は、二つ返事で「作るわ!」と。そこから1週間くらいで仕事の合間を使ってWordpressで店のホームページを作りました。

プロのカメラマンが撮った写真なんかもなかったので、とりあえず素人が撮った写真を使って、文章に関しては私がイメージでコピーライティングしました。ただ、よくわからないところはこれから考えるとのことだったので、とりあえずは完成。ということで放置でした。

久しぶり(半年ぶりくらい)に見てみると、写真は変わっておらず、テキストもサンプルで置いておいた「ここにテキストを入力してください。」のままでした笑

「これ、ホームページ必要か?」そんな風に思ったわけです。

私も家族の頼みでもあったので、全く何も考えずにホームページを作ったわけですが、よくよく考えてみれば目的がはっきりしていないweb戦略って効果測定できないですよね。これはいかんってことで「ならどうすればいいの」ということを考えることにしました。

どんな情報を出したいの?→それMEOで十分!

まずは、どんな情報を発信していきたいかヒアリング。

・営業日/営業時間

・メニュー

・住所/電話番号

・写真

・イベント情報などのお知らせ(編み物教室や、フラワー教室)

うん...完全にMEO(Map Engine Optimization)で十分なわけです。Googleマイビジネスはすでにあったので、情報を追加して。イベント情報などの更新が必要な場合には、Googleマイビジネスに投稿すればきちんと発信できます。

さらに言えば、Googleフォームを作成すればイベントの予約までwebでできてしまいます。

てことでできました。イベントの予約フォームまで作成してそれなりに写真や情報を追加して、かかった時間は2.3時間。

むしろGoogleマイビジネスのオーナー登録が1番時間かかった。(1〜2週間)

しかも頻繁に情報更新すれば、「喫茶 大垣」とかのキーワードで上位表示されます。

さすが大垣。

一瞬にしてGoogle Map「大垣 喫茶」で1位を獲得しました。1番上に表示されるし、これ下手なSEOよりバシバシ効きますよね(ローカルは特に)。

これでもって地元クオリティで、全然対策されていないから超絶ローコスト。

「ホームページいらんなこれは。」と思ったわけです。

いやね、もちろんホームページめっちゃ頑張ってるところはいいと思うんですよ。おしゃれレストラン系なんかはあったほうがお店のイメージ湧きやすくていいですしね。

ただ、更新されず、デザインもよくわからないホームページや、アメブロ(アメブロを否定はしていません。ブログとしての機能で十分な気がします)をホームページとして使うのはいらない気がします。

ちなみに、投稿もGoogleでできてしまいますからね。投稿でキーワード意識してブログ書けば、MEO的にも良い気がします。(これから試します)

結論:地元の喫茶・カフェはまずGoogleマイビジネスをやるべき

だと思います。ところで、そんな話をしていると母が言いました。Googleの営業日は信用していない。

これって店のオーナーじゃない人が情報更新申請したか、もしくは臨時休業の場合ですよね。結果、お店の営業日と実際は異なっていて...おいやってないぞ。ということが起きます。

Googleの営業時間では意味ないのではないか、と思う方もいるかもしれませんがそこは安心してほしいと思います。

更新されていないアメブロやホームページの情報もそれなりに信用しにくいですから。そしてオーナー登録して、ちゃんとした情報を入力して、臨時休業も入力すればいいわけです。(1つ言うなら臨時休業なのに定休日と表示されるのは変えてほしいです。Google...)

にしてもGoogleマイビジネスも投稿をしていれば更新が盛んなことは他のお店のページと比較しても一目瞭然です。地元では思った以上にGoogleマイビジネスの投稿をしているお店がありません。

めっちゃカスタマーサイドから見ると、更新されていることがわかるページの情報がやっぱり一番信用できるんですよね。

でも今のホームページはどうする?

これも考えました。せっかく独自ドメインとサーバーもレンタルしているわけです。無駄にしたくはありません。それにGoogleマイビジネスを使え!なんてのは誰でも言えます。

これから少し実験してみようと思っています。

我が家の場合、「母と妹が運営するハンドメイドショップ」「土蔵と同じくらい歴史がある庭」「父が建てた地元ではそれなりの質のマンション」などがあります。こうしてみるとターゲットが地味に固まってきているんですよ。

こっからはせっかくなので、そのターゲット層に刺す形でローカルコミュニティとしての位置を作ってオンライン・オフライン合わせての収益化を構想中です。

まずはホームページを変えました。(修正中なのでまだまだこれから)

実験の行方はまたnoteで更新したいと思います。それでは。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

142

エントワの経営の話

喫茶エントワの日々の施策。経営のお話をまとめました。
13つのマガジンに含まれています

コメント1件

ショップのサイトはTumblrで制作しインスタの投稿をシェアするのが一番簡単お手軽だと思います。さすがどのようなオーナーでもインスタの投稿ぐらいはできると思います。当然サーバー代は不要。独自ドメインも使用できます。

・TumblrとInstagramで制作された素敵なカフェのサイト
http://bit.ly/2HEkh9B

・TumblrとInstagramで制作されたECサイト
http://bit.ly/2syJrlJ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。