言語化するチカラがもたらすもの

先日、電車に乗っていたら、刺激的なフレーズが飛び込んできた。

この9年間、後悔の質を上げてきた

このフレーズは、プロ入り9年目で初優勝を遂げた西武ライオンズの菊池雄星投手がスポーツ紙に寄せた手記に書かれていた言葉だそうだ。

菊池は、鳴り物入りでプロ入りするも、コーチとの確執で世間からのイメージは明らかに悪くなった。今シーズンもそうだが、これまで、調子の浮き沈みに苦労したシーズンも多かったようだ。

後悔はしたくない。だが、絶対するものでもある。ならば、後悔の質を上げていけばいい。」

多くのアスリートもちろん、我々ビジネスマンやクリエイターだって、当たり前のように日々努力をしているし、後悔しないように日々を過ごしている。だが、どうしたって、後悔はするもの。なぜなら、人間は失敗する生き物であり、時間は巻き戻せないものだから。

菊池雄星は、このすごく当たり前のことを、自分の中で消化して言語化した。

すると、おそらくだが、頭の中が整理しやすくなり、行動が整理できるのだろう。


アスリートもクリエイターもビジネスマンも、言語化する力を身につけることは、結果を出す上で、実はとても重要なことのような気がするのだ。


なお、言語化の重要性については、以前のnoteにも書いたので、こちらも併せてご覧になっていただきたい。


#菊池雄星 #プロ野球 #スポーツ #アスリート #言語化 #記事 #執筆 #後悔 #後悔の質 #西武ライオンズ #野球 #ライター #執筆者 #編集者 #クリエイター


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

瀬川泰祐の記事を気にかけていただき、どうもありがとうございます。いただいたサポートは、今後の取材や執筆に活用させていただき、さらによい記事を生み出していけたらと思います。

次も「スキ」をもらえるように頑張ります!
42

瀬川 泰祐

ライター。東洋経済オンラインやITメディアビジネスオンライン、OCEANS、キングギアなどで執筆中。スポーツ・アスリート交流会も主催する。最近の取材テーマは「Beyond Sports」。スポーツと社会の接点からスポーツの価値を探っている。

美しきアスリートたちの人生模様

東洋経済オンラインやOCEANS、AlpenGroupMagazine、キングギア などの媒体に寄稿しているスポーツライター、瀬川泰祐が取材活動や、日々の執筆活動の中で感じたアスリートたちの人生
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。