『児童虐待防止法改正』

2日前のことですが、ようやく改正される
運びとなりました(2020年4月施行)

児童相談所の体制強化や親権者などによる
「しつけ」名目の体罰の禁止が柱。

親が必要な範囲内で子どもを戒める民法の
「懲戒権」については、施行後2年を目処
にあり方を検討するとしています。

これまで虐待の口実となっていた「しつけ」
と「虐待」の曖昧な境界線がどうなのか。

しつけは子の利益のための教育が原点で、
ルールや最低限のマナー・モラルを教える
もので、一方虐待は自分の感情にまかせて
子を力でコントロールしようとするもの。

そして以前から度々指摘されてきた懲戒権。

懲戒権を盾に虐待を正当化する親も多い中、
こちらも早く見直されるべきですね。

とはいえ、町ぐるみ・地域ぐるみでの親へ
のサポートは必要不可欠です。

東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)、
千葉県野田市の栗原心愛(みあ)ちゃん(10)、
どちらにも名前に「愛」という文字が。

「愛を結ぶ」「心から愛する」

親として当然抱いていたであろう感情が、
虐待へとベクトルを変えないように手助け
していかなければなりませんね。

法改正だけでは救われる命は限られます。

2021年に大阪府の児童虐待死を0人にする
プロジェクト・・・『ゼロ会議』

第3回ゼロ会議申し込みフォーム ➡️
https://www.ikuhaku.com/mains/zeroform/

子はもとより親も孤立させてはいけません。

*画像はイメージです

追記:私の子どもの頃は悪いことや間違っ
たことをすれば、親や先生に叩かれること
は当たり前でした。

それは、その根底に「愛」があったためで、
「あの時、叱られて叩かれてよかった」と
感謝しているケースもあり、とても難しい
問題ではあります。

追記2:民法上の親の懲戒権(第822条)
「しかる・なぐる・ひねる・しばる・押入
に入れる・蔵に入れる・禁食せしめるなど
適宜の手段を用いてよい」ということです。

#児童虐待防止法改正 #児童虐待 #虐待 #しつけ #懲戒権 #ゼロ会議 #2021年に大阪府の児童虐待死を0人にするプロジェクト #第3回ゼロ会議 #誠翔園 #誠榮

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

誠榮

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。