ジロ・デ・イタリア2019開幕

5月11日から「ジロ・デ・イタリア」が開幕しました。

総合優勝者の証、ピンク色のジャージ「マリアローザ」を目指しイタリア全土を21日間かけて走るロードレース。「ツール・ド・フランス 」「ブエルタ・ア・エスパーニャ」と並んでグランツールと称される、世界最高峰の大会です。総距離は3578.8km。

今年は日本人選手2人も出場します。(お一人は不運にも初日でリタイアとなってしまいました)

DAZNで見れますので、ぜひ観戦しましょう。

●DAZN
https://www.dazn.com

●レース結果はシクロワイヤードでチェック
https://www.cyclowired.jp/

僕の楽しみ方

さてさて、僕は僕は特定のチーム、特定の選手を応援している訳ではないのですが、単純に「ワクワクする展開」を観たい。総合争いの中で、上の順位を狙ってリスクを背負ってチャレンジする展開には他の競技観戦では味わえないスリルやワクワク感を感じられます。個人戦ではなく、チーム感の駆け引きやアシスト選手の働きなど見所はたくさん。去年のクリス・フルーム の19ステージでの単独80km逃げのようなチャレンジが、また今年も観られるといいな。有力選手の名前と顔・特徴などを把握していると、より楽しめると思いますので、いろんな記事や大会レビューを

今大会の注目選手

21日間の合計タイムが一番短い選手が手にするマリア・ローザ。イラストは優勝候補の選手たちを描いてみたものです。

今年のコース



●大会オフィシャルWEB


DAZNはハイライトが丁寧

海外ロードレースを放映するのはJ SPORTS とDAZNでそれぞれに良さがあるのですが、DAZNはグラフィックデザインや配色が綺麗なのと、公式ハイライトが丁寧なのです。3~5時間くらいの実際の放送の要所を2分前後にまとめられていて、しかもその時の実況解説の音声が載っているので「ライブな臨場感」が伝わってきます。一方、J SPORTSはゴール後に解説しているので、「(結果がわかっていて)振り返っている感」が強い。どちらが良いという訳でないですが、そんな差が感じられます。

とはいえ、僕もDAZNを契約しているのはジロの期間だけなので、あまり貢献できてないのですが、サッカーとかテニスなど多くのジャンルのスポーツを見ることができるので、スポーツ好きにはDAZNのほうが定着している印象ですね。

熱い21日感を、楽しみましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、島暮らしの体験記やイラストレーションの制作活動に大切に活かさせていただきます。

サイクリング

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。