お面作りワークショップ

5月20日にかごしま近代文学館にて「描かれた西郷どん展」のクロージングイベントとして「お面作りワークショップ」を担当しました。企画展のメインビジュアルや展示パネルを一部担当させていただいていたものの、実際に展示を観るのはこの時が初めて。鹿児島本土に渡り、展示を観て、ワークショップを行いました。

描かれた西郷どん展についての記事はこちら

鹿児島近代文学館。どーん。西郷が自決をした城山をバックにそびえ立っています。

かごしま近代文学館は特別展の他、常設で向田邦子など鹿児島にゆかりのある作家の展示を行なっています。併設されているメルヘン館は親子で楽しめる施設。どちらかというとメルヘン館のほうが賑わっていますね。。。

特別展の中の様子を許可を得て撮影させていただきました。

エントランスには、どどんと大きなパネルも。スタッフのみなさんから、このイラスト「お客さんの評判いいよ」と聞けて嬉しい限り。

イラスト担当した似顔絵。これまで大河ドラマで西郷隆盛を演じた俳優さんたちを描きました。

体験型のブース。枠の中に西郷さんの顔を思い思いに書くと、それがアプリ上に現れます。このベース絵も担当。


さて、本題のワークショップの様子。基本的には自由に西郷さんの顔を描いてもらうんですけど、いちおう見本も作成しました。最初には文学館スタッフにより西郷さんの解説や外見上の特徴をレクチャー。そのイメージを膨らませてもらって、持参いただいた画材(絵の具・クレヨン・マジックペンなど)で作成を進めます。特別、僕が教えることは何もありません(笑)

最後には記念撮影。子どもも大人もいい感じの西郷さんお面が出来上がりました!

おまけ。当日の様子が朝日新聞(5月21日付)に掲載いただきました。

おまけ2

展示会場ではこんなグッズも販売されていました。クリアファイル!会期後も売店で売られているようですので、気になる方はぜひ購入ください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、島暮らしの体験記やイラストレーションの制作活動に大切に活かさせていただきます。

2

イラストレーション&デザイン

イラストレーションやデザインの仕事実例や作品を紹介。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。