Kindle Unlimited で読み放題、オススメの雑誌10選

月額980円で、対象の電子書籍が読み放題になるというAmazonのサービス「Kindle Unlimited (キンドル アンリミテッド)」に急に思い立って、加入してみた。

30日無料ということで試しに使ってみようと登録して、まだ数日しか経っていないけど、とても良い。特に雑誌を読むのには、980円でも安く感じるくらいのラインナップの充実ぶりである。まんまとAmazonの策略にハマってしまった。

僕の住む鹿児島県の離島・徳之島には本屋が無い。そんな環境のため、本の購入はネットが主となり、かさばらない電子書籍も購入することも多い。でも雑誌って特に中身を確認しないと買いづらいし、立ち読みからの延長で買うのが自然というか、実際ほとんどネット注文もしたことは無かった。雑誌を読む習慣からも遠ざかっていた。

(このKIndle Unlimitedは)2016年に始まったサービスでこれまでは気にしてこなかったけど、正直、もっと早くに導入しておけば良かった。無料で読める本と読めない本があって、検索するワクワク感があり「これも読み放題なのか!」とテンションもあがる。

早速今回、自分メモも兼ねて10種の雑誌をご紹介。

紙の雑誌も、もちろん良いものです。しかしまぁ、普段読まないような雑誌との接点としても、このKindle Unlimitedは役立つと思います。バックナンバーの品そろえは雑誌によって様々みたい。

**月額980円で会員になると読み放題!

個人的に、チェックしておきたい雑誌10選。**

①月刊MdN

最先端のクリエイティブに触れられる。本来は一冊1380円なのでこれだけで元を取れる気分。しかもバックナンバー(確認時2013年まで)も読み放題なのも嬉しい。

②Pen

これもバックナンバーも充実。毎度刺激的な特集と、見開きを活用した綺麗な写真も魅力ですね。

③Casa BRUTUS特別編集

いろんな土地の暮らし、ライフスタイル・インテリア・建築など憧れる。通常版でなく、特別編集のムック本。

④ BRUTUS特別編集

BRUTUSのムック本シリーズ。※月2回発行の通常版は読めない。

⑤POPYE

おそらく最新号とバックナンバー1ヶ月分のみ。カルチャー系イラストにも触れられて楽しい。

⑥ソトコト

地方の面白い活動を紹介している雑誌。最新号含む3年分くらいのバックナンバーが読める。ただし、ライト版らしいので、本誌に比べてボリュームが減ってるはず。

⑦Discover Japan

品のあるデザインと綺麗な写真。特集も楽しい。旅へ出たくなる。

⑧ダ・ヴィンチ

最新号含む直近3ヶ月分が読める。貴重な著者インタビューなど、いいよねえ。

⑨ランドネ

カジュアルなアウトドア雑誌。イラストがいつも可愛い。登山やキャンプをしたくなる。

⑩CYCLE SPORTS

最後にはサイクリング雑誌をば。自転車情報というとネットの情報ばかりを見てきたけど、雑誌も新鮮である。

その他

・AERA
・天然生活
・ku:nel
・TENNIS Magazine
・MONOQLO
・GO OUT
・OZ Magazine
・Tarzan特別編集
・るるぶ 海外旅先各種

などなど。

以上、個人的に気になった雑誌を挙げてみました。もちろん性別・年齢・趣向によってはまた好みも違うと思うので、ぜひ検索してみてください。

漫画・小説なども登録されているんだけど、まだ数も少なくラインナップは弱い印象。雑誌目的で利用するには文句なくオススメしたいが、それ以外だとまだ時期尚早かもしれない。コミックについては最新作は求めないが、古い名作などが読めると嬉しい。

閲覧はiPad Proで

kindle unlimitedはKindle端末やPC・スマートフォン・タブレットなどでのKindle アプリで読むことができます。ただ、雑誌を読む場合、カラーで解像度高く大きいサイズが適しているので、iPad がオススメ。僕はiPad Pro 9.7inchで読んでいる。

大型の12.9インチだとさらに原寸大に近く読めるので魅力的であるが、持ち運びも考えると9.7インチ・10.5インチがバランスが取れていると思う。

縦長にすると1ページが大きく表示されるため文字も読みやすい。でも雑誌だから、見開きでインパクトのあるレイアウトや写真表示もあるので、基本は見開きでパラパラとめくっていき、気になる箇所だけ拡大して読むだけでも十分楽しい。立ち読みみたいな感覚。

旅行や移動の際にも活用しまくりたい

自宅だけでなく、旅行や出張の際にも大いに活躍しそう。WiFi環境でIPadにダウンロードしておけば、外出先のオフラインでも雑誌を読むことができるのはめちゃ便利(同時に10冊までしかダウンロードできないという制約はあり)。

またAmazonの罠にひっかかかってしまった感はあるが、価格以上のメリットがあるサービスと思う。「dマガジン」「楽天マガジン」なども、同様の定額読み放題サービスを行なっていているみたい。(比較してないけど)取り扱っている種類も違うようなので、機会があれば試してみたいところ。

電子書籍の読み放題サービスにより、雑誌(紙)のデメリットである「サイズが大きく重い」「毎月買ってたら溜まって、処分に困る」なども解消される。「雑誌」から遠ざかっていた自分も、また身近になった。日常生活でも、徳之島の海辺で読んだりしてみよう。

雑誌を読む人にはオススメのサービス

今更ながらなので、とっくに雑誌好きの人は試していると思うけど、タブレット持っててまだ試してない方にはオススメです。
Kindle Unlimited 無料体験

※紹介した雑誌などは、変更となる可能性あり。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、島暮らしの体験記やイラストレーションの制作活動に大切に活かさせていただきます。

2

僕のノマドライフ

鹿児島の離島「徳之島」を拠点としてフリーのイラストレーターとして活動中。旅や離島での暮らし・ノマドワーク実験生活を綴ります。本/読書会/自転車/海外ノマド/リトルプレス/デジタル制作環境。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。