小さな声

大きく出してるつもりなの
だけど なにかが首をしめてるみたいに
声が出ない
大きく出ない
どうしても

お母さんは
お手本みたいな話し方で
「もっとはっきり話しなさい」っていう

お母さんはいいな
話も上手で声も自然に大きいもの

私の首を 何かがそっとしめてるなんて
思いもよらずにいるんだろう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Tack!
13

森波青子

風に飛ばされた手紙

書き留めてきた詩と、日々書いている詩たちです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。