方法

お前、要らないよ。
その一言で、壊れてしまった。大丈夫だと思っていたのに、呆気なく。俺の心は、こんなにも弱かったのかと思うと、たまらなく恥ずかしくなった。それこそ、もう誰の前にも姿を現したくないくらいに。
……そうしないようにするのは簡単だよな。
下を見て俺は、飛び降りた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

天國時雨〈故に堕ちた者/漆黒ノ堕天使〉

そこはかとなく文章を綴る。 そして必ず〈設定〉がある。 純白の悪魔であり、漆黒の堕天使アヴィド。それが私。https://twitter.com/mahina_seime?s=09

故に衒う者/百四十字の物語

Twitterで呟く140字小説をまとめる。 夜な夜な更新中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。