春が苦手なあなたへ

最近外でよくネコをみかけるようになった。草木が芽吹く春は、冬にじっとしていた生き物たちも動き出すからだろう。

当然といえば当然だが、春はヒトも同じように活動的になる。鍼灸院にもその影響があって、今日は予約がたくさん入って忙しいと構えていると、急用が理由のキャンセルが相次いだり、明日は暇だろうと思いきや、普段あまり来院しない方々からの予約が一気に入ったりする。

そんな活動的な春なのに、東洋医学の養生論では、逆に緩やかに過ごすことを推奨している。春だ!スタートだ!頑張るゾ!ではなく、冬のゴールをゆっくり抜けるくらいの気持ちでいい。

実は私は春が苦手だ。軽めの体調不良と意欲の低下が、春には必ずやってくる。患者さんにもそういう方が多く、自分は心の病なのだろうかと思い込んでいる方に、この時期は僕も含めて皆そうですなんですよね、と共感すると少し安心するようだ。

今は調子が出なくても、そのうち自然に身体が慣れる。サボれる用事はサボり、焦らずただのんびり過ごす。ヒトも動物なので、春はそうすべきだ。

寒がりにとっても春は過ごしづらい。この時期はむしろ冬より冷えるのではないか。春の冷えについては、江戸時代の庶民向けの養生書に次のような記載がある。

春は陽気発生し、草木も若葉萌出(もえいで)人も肌膚和して、表気開くの時なり。然るに余寒(よかん)猶(なお)烈(はげ)しくして、冬よりは寒気に感じやすし。草木も余寒にはいたみやすし。早春にはべつして養生し、身をつつしみて陽気を助けめぐらすべし。
(山東京山『養生手引き草』巻下[1])

要約すると次のようになる。

冬モードの肌は、寒さに対するガードが堅い。それが春になると緩む。でもまだ外は急に寒くなったりする。つまり、春になってガードの緩んだ肌に、寒さが直撃すると、冬よりも余計に冷える。ゆえに春はとりわけ養生をしよう、ということだ。

というわけで、春服への移行も桜が散るころからゆっくり始めるくらいがちょうどよく、タイツも完全に気温が安定するまで履くのがよい。

もうひとつ春におすすめの習慣がある。それは朝日を浴びること。実は日照時間の短い冬は、よほどアクティブな人でない限り、驚くほど日の光を浴びない。

昔の人もそうだったからなのだろうか、『素問』という古代の医学書では、春は早起きして散歩することをすすめている[2]。散歩といっても大げさなものでなく、通勤の途中に数分間、光を浴びながらゆっくり歩くだけで十分だろう。

太陽の光が体内時計を調節することは、よく知られているが、季節の変わり目に、心身の切り替えを助ける働きもあるのではないか。

私はこの季節になると、朝に少しだけ早く家を出て、日の当たる場所を選びながら、わざと遠回りをして通勤する。桜も楽しみだが、陽だまりで、まぶしそうに顔をしかめるネコに、私の顔はほころぶ。

春の過ごし方まとめ
・春は肉体的にも精神的にも緊張を避ける。サボる。
・冬よりもむしろ春の方が冷えの影響を受けやすいので、春服への移行は桜の散る頃からゆっくりと。
・少しの時間でもよいので、日の光を浴びる。


参考文献及び注
[1] 山東京山『養生手引き草』巻下(国立国会図書館所蔵、安政5年版)。翻刻は筆者による。原文を新字体、新仮名遣い、ひらがなに改め、読みやすさに配慮し句読点を加えた。

[2] 『黄帝内経素問』(台湾・天宇出版社、顧従徳本影印)。『素問』四気調神大論では、各季節に合わせた起床時間が記載され、春から秋は早起きがよいとしている。

-----

東洋医学的な季節ごとの養生法については、こちらの本にも詳しく書いております。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ミャー
8

家庭の東洋医学

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。