見出し画像

サラリーマンから個人事業主(フリーランス)になって最初にしたこと・調べたこと【仕事・税金・健康保険】

サラリーマンから個人事業主(フリーランス)になって最初にしたことをまとめてみます。

仕事さがし

次の仕事は Twitter と Facebook を使って募集をかけました。そこから数件のお仕事をいただいています。以外にも、こういう SNS を使って採用活動を行なっている企業さんが多いことに驚きました。令和ですね。ちなみに、よくある採用サイトは無駄なフローが多いので今回は使いませんでした。

税金・健康保険まわり

大切な税金や健康保険のお話。

健康保険の選択

フリーランス(元々はサラリーマン)が選択できる公的医療保険としては主に「国民健康保険」と「会社で入っていた健康保険の任意継続(以下、任意継続保険)」かの2種類があります。

※ ライターやデザイナーなどクリエイター用の健康保険で「文芸美術国保」というものがありますが、私は主にエンジニアとして活動していくつもりなので、この健康保険は利用できません。

私は今回は「国民健康保険」を選択しました。加入手続きの方法は以下のページを参照しました(神奈川県藤沢市在住なので)。

上で挙げた「国民健康保険」と「任意継続保険」のどちらを選択するかは、毎月支払う保険料で決めました。毎月支払う保険料は個人でも確認することができます。例えば以下の「国民健康保険の自動計算サイト」。これは国民健康保険料と任意継続保険料をシミュレートしてくれるサイトです。

他に確認する方法としては、住んでいるところの市役所で確認する方法です。正確な料金が確認できますし、税金のことで心配なことは聞けるメリットがあります。

私は念の為、上の自動計算サイトと市役所での確認を両方やりました。

ちなみに、任意継続に加入するには、退職後20日以内に手続きをしなくてはならないので、その際は早めに手続きをすることをオススメします。

国民年金の免除申請

収入の減少や失業等により国民年金保険料を納めることが経済的に難しいときの免除制度のこと。

これは手続きをしませんでした。

参考になりそうな記事:
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150402-01.html

失業保険

失業した人が失業中の生活を心配しないで、再就職に向けて転職活動することができるよう、その人の生活をサポートするために支給される手当のこと。正確には「雇用保険の基本手当」というらしい。

これは手続きをしませんでした。理由は何件か仕事を貰える目処が立っていたことと、手続きのフローが少し複雑で手間がかかるから。

会社都合退職と自主退職とで手続きフローが少し違うようなので、取得を検討している人は詳しく調べてみてください。

参考になりそうな記事:
https://www.knoki.net/kaisyatugou/
https://www.knoki.net/709231

おわり

急な退職を余儀なくされて、自分の生活が一気に変わりましたが、会社を辞めたから出会えた人や出来事があったことは、自分の中でプラスになったと思います。がんばります。

せっかくの千秋楽だから、横綱が相手だからと言って最初からあきらめるのではなく、ねばっこく勝負しませんか by 有吉弘行

過去記事

会社選びは慎重に。

こちらからは以上です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

Seiya Maeda

デザイナー(元ソフトウェアエンジニア)/ ワークアウトと茶道と妻の笑顔が好物です / 自分の茶室と果樹園を持つことが夢 / Live: 青森県出身 => 埼玉県 => 東京都 => 神奈川県藤沢市 => 東京都 / Website: https://seiyamaeda.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。