見出し画像

2年ほど勤めた会社をいきなり「会社都合退職」することになっていろいろ大変だった

人生初の「会社都合退職」を経験しました。

初めてのことって興奮しますよね。今回の興奮は一味違いますが。

ここの会社は以前一緒に働いていた先輩からのお誘いで入社した会社(尊敬している先輩からのお誘いだったので嬉しかった)。約2年ほど勤務しました。いろいろありました。

会社都合退職までの流れ

会社都合退職までの流れをざっくりとまとめると、

(1) とある日の開発ミーティングにてマネージャーから「会社の資金繰りが芳しくない」という話が出る。
(2) そこから1週間後くらいの朝ミーティング(だったかな?)にてマネージャーから「今日、チームのことで個別にミーティング入れたい」と告げられる。
(3) その日の午後に、自分、マネージャー、そして CEO の3人でミーティング。オンラインで。そこで退社日を告げられる。

こんな感じでした。

個別ミーティングの参加者に CEO の名前があって(Google カレンダーを見た)、「CEO も参加?これは穏やかではないな」と、なんかヤバそうな雰囲気を感じたことを覚えています。

その個別ミーティングでは「経営方針変更の影響で、開発チームを縮小せざるを得なくなった。人員を整理します」的な話があり、辞める以外の選択肢はない状況でした。

いろいろキツかった

スタートアップ企業あるあるですよね、こういうことは。私もこういうことは起こるだろうとある程度の覚悟はしていました。

ただ、今回はキツかった。
何がキツイって、それを言われたのが退社する日の1週間前。

こんなの裁判で勝てるレベル。

というか、時間ない。時間な〜い。次の仕事探す時間な〜い。

実は数年前にもこんなことあって、その時は若干の鬱状態でしたが、人間って慣れるものですね。その時ほどのダメージはありません。

落ち込んでいてもしょうがないので、とりあえず Twitter と Facebook を中心に仕事探しをしています。

ありがたいことに何人かの方からお声を掛けていただいています。本当にありがたい・・・。

スタートアップ企業で働くことのリスクを改めて感じた令和の夏。がんばります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Seiya Maeda

デザイナー(元ソフトウェアエンジニア)/ ワークアウトと茶道と妻の笑顔が好物です / 自分の茶室と果樹園を持つことが夢 / Live: 青森県出身 => 埼玉県 => 東京都 => 神奈川県藤沢市 => 東京都 / Website: https://seiyamaeda.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。