グローバルスタートアップカンファレンス「Next Silicon Valley」登壇者インタビュー003中山充氏fromブラジル

2019年8月29日(木)午後13時@東京ミッドタウン日比谷にて、世界6カ国のIT投資家や支援者が集うカンファレンスを主催します。

登壇者のショートインタビューをお届けします。今回はブラジルから登壇してくれるブラジルベンチャーキャピタルを現地で経営する中山充氏。主催セミナー開催されるため帰国されているタイミングでインタビューさせてもらいました。

中川:自己紹介は・・・詳しくは記事はこちらがいいですね!

プロフィール------------------
ブラジル・ベンチャー・キャピタル代表。ブラジル・サンパウロ在住。
1998年に早稲田大学卒業後、ベイン&カンパニー東京支社に勤務。その後、起業を経てスペインIEビジネススクールのMBAを取得。2012年より初の日本人スタッフとしてブラジルのベイン&カンパニーサンパウロ支社に勤務後、2014年にブラジル・ベンチャー・キャピタルを創業。ブラジルのシードステージのスタートアップへの投資育成を行う。
ブラジルで唯一の日本の投資家・企業向けのブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラムや、日本でブラジル・アグリビジネス・フォーラムを主催するなど、日本とブラジルのスタートアップを繋ぐ活動多数。
著書「中小企業経営者が海外進出を考え始めた時に読む本」「未来をつくる起業家 ブラジル編
-----------------------//

中川:なぜブラジル×ITなんですか?と聞かれることは多いと思います。
ポイント3つでいうとなんて答えてますか?

中山:一つは言わずもがな、マーケットサイズが大きいこと。
二つ目が、そのマーケットにおいて、既存のテクノロジーとかビジネスモデルではuntappedだった人たちのボリュームが大きいということ。そして3つ目はエンパワーメント。今からだと、中小個人事業主向け、saasサービス等はかなり大きなインパクトを出せると思います。

中川:事業(ブラジルベンチャーキャピタル)について教えてください。

中山:ブラジルのシードステージのスタートアップで、主にB2Bにフォーカスして投資しています。現在、十数社に出資しており、次のステージに進んでいるスタートアップも出始めております。またブラジル進出もサポートしております。

中川:日本人投資家は中山さんくらいですよね?ブラジル人からみて反応はどうですか?

中山:はい、日本人は私だけです。ブラジルでは、著名なファンド以外はファミリーオフィス≒個人なので、本当にVCか、という不安があるようです。外国人の投資家の方がブラジル人よりもプロフェッショナルだと思ってくれる場合もあるようです。

中川:JAPANブランドの優位性あったりしますか?

中山:あると思います。日系も4-5代目なってきて日本語が喋れないとはいえ、家族のルーツで日本文化がある人が200万人もいるのは大きいです。

中川:そこの背景は、ブラジル特有ですよね。
ブラジルは日本の真裏、物理距離が非常に大きい。イコール心理距離が比例して大きいことが日本企業にとって大きなハードルになっていると思うのですが。

中山:はい、大きいと思います。そこは複数の「きっかけ」をつくり、ブラジルに一度きてもらうということをKPIに置いて日本でも活動しております。

中川:ポルトガル語という言語の壁もあると思うんですけど、そこはどうですか?

中山:やはりポルトガル語を話せないと話にならないですね。腹割ったコミュニケーションが取れないですし。彼らも英語を喋れる人も多いですが。

中川:現地で通訳とかビジネスサポートしてくれたりする人って結構いるんですか?

中山:いわゆる通訳してくれる人はたくさんいます。日系人が多いのもあって。通訳はあまり困らないですよね。だけど、ビジネス通訳というか、カルチャーやビジネスコンテクストも交えた通訳、ビジネスガイドって言うんですかね、は多くないです。

中川:領域でいくと、アグリテック、IoT、あとはフィンテックやロジテックが大きな市場のようですね。

中山:あとはエンタメも結構あると思っていて。すごくうまくっている例ってNetflixなんですよ。Netflixもアメリカの次にブラジルになってきていて。ブラジル向けのコンテンツ投資も結構してきていて、そういう意味でいうと漫画とかアニメとかもっといけるんじゃないかなと思うんです。K-Popとかは雑誌の表紙になってたりするんですけど、J-Popはまだまだですね。また、abemaTVの世界配信のテスト配信する時の7-8カ国のうちの1カ国に選ばれていたり。DAZNもこの前のコパアメリカの権利を買って流したらドンと伸びたらしいです。

中川:最後に今回のカンファレンスで参加するか迷っている方にメッセージをお願いします。

中山:来てくれて、話聞いてくれればブラジルの見方はガラッと変わります。よく言われるのがサッカーとサンバくらいしか知らなかったって人が話を聞いたら、なんだ!このオポチュニティは!となるので。それをぜひ伝えたいですね。

中川:ありがとうございました!

sponsor




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

中川りょう@SEKAIBOX

シェアエックス㈱のCEO&Founder中川です。 セカイのビジネスをシームレスにつなげるをVISIONに「SEKAIBOX.com」を運営してます。 好きは努力に勝る。ベンチャービジネスで人生アドベンチャー中。じっとしてられないです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。