みんなの世界史(世界史のまとめ/日本史のまとめ)

世界史&日本史、世界&日本をつなぐ高校教員。歴史を深く、わかりやすく翻訳します。世界史のまとめ―全時代・全地域を輪切りにhttps://bit.ly/2Fi1IIX /生徒用https://bit.ly/2O5GsJn
固定されたノート

【総目次】世界史/日本史のまとめ

世界史のまとめ/日本史のまとめ noteコンテンツの総目次です。

基本コンセプト

 昔と今を、今と未来をつなぐ。
 世界の中の日本、日本の中の世界をつなぐ。
 世界史を26ピースに「輪切り」にし、深く、わかりやすく”翻訳”する。

コンテンツ

【1】ゼロからはじめる世界史のまとめ(世界史)
【2】同時に学ぶ! 世界史と地理(世界史×地理)
【3】世界史のまとめ × SDGs(世界史×未来)

もっとみる

【図解】ゼロからはじめる世界史のまとめ⑲ 1848年~1870年の世界(上)

今回は1848年~1870年の世界をみていきます。
イギリスで始まった、「工場」の「機械」を「蒸気力」で動かすイノベーションが、世界の「設定」を一層大きく変える中、ヨーロッパが「動乱の時代」を経て「国民による国づくり」を展開していく時代です。
ちょうどその陰で、特にアジアがヨーロッパ諸国だけでなく、太平洋に到達していたアメリカ合衆国による進出を受けることになりますが、その度合いは地域によってさまざ

もっとみる

【図解】ゼロからはじめる世界史のまとめ⑱ 1815年~1848年の世界

イギリスではじまった新たな「エネルギーの生み出し方」(注:産業革命)のインパクトが急速に広がるのがこの時代。
今回は、日本でいう「江戸時代の終盤」の世界を眺めていきましょう。

産業革命の影響が世界に広まっていく時代①

「変わる世の中」vs「あの頃よもう一度」

―前回見たように、イギリスで始まった爆発的エネルギーを生み出す「新技術」のもたらしたインパクト(注:産業革命)は急速に世界に広がり、着

もっとみる

【図解】ゼロからはじめる世界史のまとめ⑰ 1760年~1815年の世界

◆1760年~1815年の世界
産業革命がイギリスで始まる時代

さて、ついに今回は世界史の上での重要なターニングポイントである1760年だ。
その転換を生み出す革新的な技術が、ほかでもないイギリスで生み出される。
イギリスでは、農業の技術革新が進み、産業(ものづくり)にかける余裕が生まれるとともに、投資に必要な元手も海外の植民地や奴隷貿易独占権によって豊富だった。さらに、イノベーションに必要な科

もっとみる