雑記:甲府・甲州市内の武田氏関係寺院

山梨県甲府市は武田信虎が躑躅ヶ崎館を築いて以来、信玄・勝頼と武田氏三代にわたる拠点であり、市内には武田氏ゆかりの寺院や史跡も多く、また信玄を始め武田氏の人気も強い。

そうした武田氏関連の寺院の一つが、古府中町の大泉寺であり、ここは武田信虎の開基で、信虎の葬儀が行われた寺でもある。

大泉寺には武田信廉(逍遙軒、信虎の三子で信玄の弟)が描いた信虎の画像が伝わり、信虎の廟所もある。

廟の裏には三基の石塔があり、古くから信虎・信玄・勝頼の三代の墓と伝承されて来たが、現在読み取れる銘文からするに戦国時代末期から江戸時代初期にかけて造立された僧侶の墓であると考えられる(植松又次『甲斐の石造美術』参照)。

画像1

同じ市内の東光寺は、平安時代に創建されたと伝わる古刹で、戦国時代には武田信玄によって諏訪頼重や武田義信(信玄の長子)が幽閉された末、この寺で没している。

両者の墓も東光寺内にあり、頼重の墓は宝篋印塔、義信の墓は五輪塔で、ともに戦国時代後期の作で、実際に彼らの墓塔と見なして良いであろう。

画像2

画像3

かつての大和村、現在は甲州市大和町に属する天目山は、織田信長に攻められた武田勝頼が自刃し、武田家終焉の地となった場所であり、景徳院は勝頼を供養するために自刃の地に造られた寺院である。

画像4

境内には勝頼の廟である甲将殿があり、その背後には武田勝頼、北条夫人(北条氏康の娘で勝頼の正室)、武田信勝(勝頼の子)の墓があるが、これらは江戸時代の安永四年に造立されたものである。

石塔は破損が激しく、近年修復された。

画像5

画像6

他にも境内には、勝頼が自刃した場所とされる生害石がある(夫人や信勝の生害石もある)。

画像7


#山梨県 #甲府市 #甲州市 #大泉寺 #東光寺 #景徳院 #天目山 #武田信玄 #武田信虎 #武田義信 #諏訪頼重 #武田勝頼 #五輪塔 #宝篋印塔 #石塔 #戦国時代 #史跡 #歴史 #日本史


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

日本国内の石塔・石造物に関する記事と、歴史ドラマ・映画のレヴューを中心に書いています。

雑記

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。