南関東の石造物⑩:増上寺徳川家霊廟宝塔群

名称:増上寺徳川家霊廟宝塔群

伝承など:徳川秀忠、崇源院、徳川家宣、徳川家継、徳川家重、徳川家慶、徳川家茂、和宮の墓

所在地:東京都港区芝公園 増上寺


芝の増上寺は徳川将軍家の菩提寺として知られる名刹で、かつては多くの塔頭を有した大寺院であった。

現在も東京タワーの眼下に大門や本堂などの伽藍が建ち並んでいるが、その一角に徳川家霊廟がある。

歴代徳川将軍とその夫人達の墓所は上野の寛永寺と芝の増上寺に営まれ、増上寺の霊廟には二代将軍秀忠、六代将軍家宣、七代将軍家継、九代将軍家重、十二代将軍家慶、十四代将軍家茂の墓がある。

墓塔はいづれも宝塔で、これは江戸時代には徳川将軍とその家族にのみ許された形式であった。

写真二枚目から順に、秀忠と崇源院、家宣、家継、家重、家慶、家茂、そして家茂夫人で孝明天皇の妹・和宮の墓塔である。

このうち秀忠と崇源院の合葬墓のみは六角石殿であるが、他の将軍と形式が異なるのは、これが元来は崇源院のみの墓塔であったためである。

元来の秀忠の宝塔と、宝塔が納められた台徳院廟は木造で、戦災で焼失したために戦後になって崇源院の墓に秀忠が合葬された。

なお、かつて徳川家霊廟は非公開であったが、2011年に大河ドラマ「江」の放送にちなんで特別公開を行い、その後2014年より毎週火曜日を除いて常時拝観可能になった。

写真は2011年の特別公開時に撮影したものである。


#東京 #港区 #芝公園 #増上寺 #徳川家霊廟 #宝塔 #徳川秀忠 #崇源院 #徳川家宣 #徳川家継 #徳川家重 #徳川家慶 #徳川家茂 #和宮 #江戸時代 #石塔 #歴史 #日本史






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

日本国内の石塔・石造物に関する記事と、歴史ドラマ・映画のレヴューを中心に書いています。

南関東の石造物

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。