北関東の石造物⑯:長徳院五輪塔群(山川結城氏墓所)

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

名称:長徳院五輪塔群

伝承など:山川結城氏の墓所

所在地:茨城県結城市今宿 長徳院


山川氏は、結城氏の初代朝光の四子である重光が山川荘の地頭になったことから始まる結城氏の分家で、長徳院はその菩提寺である。

山川家歴代霊廟と呼ばれる墓所には五輪塔が建ち並び、山川氏当主の墓所とされている。

銘文などもなく、五輪塔はいづれも乱積みであるが、室町時代から戦国時代にかけてのものと思われ、山川氏が結城家を継承した結城秀康に従って越前に移る以前の当主の墓所として造られたものであろう。

中央にある五輪塔(五枚目)が墓所中で最も古いものと思われ、形式的にも同じ結城市の慈眼院跡にある本家の結城氏廟所内の五輪塔と良く似ている。


#茨城 #結城市 #結城氏 #山川氏 #長徳院 #五輪塔 #結城重光 #室町時代 #石塔 #歴史 #日本史

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

日本国内の石塔・石造物に関する記事と、歴史ドラマ・映画のレヴューを中心に書いています。

北関東の石造物

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。