見出し画像

今日食ったカップ麺紹介 辛ラーメン

どうも、最近言うほどカップ麺を頻繁に食べてないセキドです。レビュー始めるようになってから塩分が気になっちゃってカップ麺を控えるようになってしまいました。もうジジイだから仕方ないね。それでも2日に一回くらいのペースでは食ってはいますが。
さて、今日(5/17)紹介する商品はこちら、

辛ラーメンです。
韓国企業の農心が出してるカップ麺ですね。結構有名な商品な気がしますが僕は人生で一度も辛ラーメンを食べたことはなかったので割と食べるの楽しみにしてました。
外国産カップ麺も取り上げるワールドワイドなカップ麺レビューワーだなあ(自画自賛)。
さて、早速側面確認。

カロリーは302キロカロリーで塩分は3.4グラム。中々健康的なカップ麺ですね。塩分3グラム台なのは評価高いです。僕は勝手に辛ラーメンって塩分強めなイメージ抱いてたんで思ったより塩分少なくて驚きました。

アレルギーとして表示されてるのは小麦と大豆。同じ工場でそば、落花生、えび、かに、豚肉、鶏肉、牛肉、乳成分、ごま、いか、さば、卵を含む製品を製造しているとのこと。この表記は製品内にアレルゲン物質は使われてないけれど混入の可能性を完全に否定できない時にはされる注意喚起表示って奴ですね。特定品目に対するアレルギー反応が相当ひどい人は気を付けたほうが良いのではないでしょうか。まあでも注意喚起表示は義務化されてる物では無いのでこの表記が無いからってアレルゲンを含む物質を同一工場で作っていないと言い切れるわけではないですけど。

注意喚起表示

最近気付いたんですけど、僕カップ麺の味より周辺情報の紹介の方に力を入れてないか・・・?

なんか世界の真理に触れてしまいそうなのでこの話はここまでにしておきましょう。

辛ラーメンの作り方は簡単です。粉末スープを入れてお湯を入れて三分待てば完成。かやくとかは事前に入れられてます。簡単に作れますね。

完成したらこんな感じ。さっそく食べてます。

まず麺。麺は柔らかめの普通のカップ麺の麺って感じです。特に言う事なし。

次にかやく。これも特にこれといった特徴は無い普通の具って感じですね。ネギの主張が強くないのはありがたい。

で、肝心のスープ。まず辛みが結構あります。カップ麺では割と辛い奴は少ないと思いますが、辛ラーメンのスープは麺に絡んでちゃんと刺激的な味わいを伝えてくれます。僕はペヤングのMAXENDとかも常食してた程度には辛いのが好きなので全然平気でしたが、辛いの苦手な人は駄目かもしれない。舌と相談してださい。味は単に辛いだけじゃなくて辛みとマッチする感じのしいたけ?のうま味があります。割と病みつきになる感じのうま味でぐいぐい食べられました。

画像撮り忘れましたけどスープは完!飲!

総評としては100点満点中93点。

辛い物好きとしては非常に満足のいく商品でした。今まで店頭であんまり見かけなかったのでようやく食べましたが、期待を上回る美味しさだったのでこれからもちょくちょく買いたいなと思わせてくれました。辛いのは好きな人と嫌いな人が分かれると思うので皆におすすめできる感じではありませんが、僕には非常に刺さりましたね。流石韓国で大ヒットした商品なだけはありました。

それでは今回のレビューは以上です。シーユーアゲイン。

前回の記事

次回の記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

セキド

積土成山

食ったカップ麺レビュー

昼飯でよくカップ麺を食べる男によるカップ麺レビュー
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。