昭和10年代への旅 その後

旧公衆衛生院

この館には昭和10年代の設え、機能が現役のまま生きている。痕跡は数限りなく残っている。
80年以上前の空間が現存していることは、奇跡かもしれない。

もちろん、復原のための修理、公共施設としての設備追加、改修はされているが、既存建物の状態が良好だったからこそ今の輝きがある。

昔を知る高齢者の方々が来館されるのは不思議ではないが、レトロな雰囲気マニアの若者が、コスプレをしてやってくるのには驚いた。

昭和10年代の空間へのトリップ、魅力的なのであろう。

空間の中にある設計者・内田祥三の思想。

リアルな中で、想像の自由と、広がりを増幅させる。足を運ぶ度に仮説が生まれる。

歴史背景をふまえつつ空間に居ると、よりイメージが膨らむ。

文責 関原宏昭

#旧公衆衛生院 #昭和10年代への旅


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とまり木

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。