情報の扱い

Webでは様々な情報が飛び交っている。
健康、医療情報もしかり。
その情報の扱いを「私はしっているぞ!」「こうなるぞ!」と、あたかも自分が最先端にいるようにリツイートする人が多くいる。
その時初めて知ったことを、評論家になって飛ばす。しかし、本人は何もやっていない様子。とりわけ地域活動は全く。。。

飛ばすことでやった気になっているのであれば、もったいない。
まず、自分がリアルに何かやった上で、その感度を持ってリツイートしたほうが、より自分の活動につながるのではないかと思う。

本当にやっている人はもっと考えがある。いちいち反応しない。
時に反応した時は、しっかりと考えをのべている。(感動するくらい納得する)

活躍できる人材も、一時的にバッファで飛ばし、何かやった気になって何もしなくなっている。あーもったいない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Community Health

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。