政策に踊ることなく

地域おこし隊の数、尺度は他にもないのかなぁと思う。着地した所で本当にがんばる人ならいいが、どうにもならない輩も多くいる。

任期が切れれば(給与が切れれば)ワーホリや旅行の終わりのように帰っていく。地元は残って欲しいと財源を確保しようとするが、想定外の人材が残ったりする。

そもそも、本当にその地域が好きでがんばり続けたいと思うのなら、本人がなんとかしようとするのではなかろうか

知らない地域でがんばることは、なんでもしんどい。が、喜びもたくさんある。自分の人生である。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Community Health

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。