スペースサイエンス2〜費用負担の有無

ビジネスの空間なのか、準公共的な空間なのか

運営をわかりやすく示さないしと、利用者はつかなくなる

有償、無償で場が決まるわけではないが、利用者の向き合い方が変わる

場を行うには、誰かが負担しているのであるから

参加費、利用料は金額に関わらず運営を続けるためには大切である

地域、利用者の適正価格をつかみ、100円、500円のワンコインからでもはっきり示すことで場の理解がすすむ

運営はクオリティを保つこと

内容、接客の当たり外れはないほうがいい

無理をすると続かない

地域によっては不特定多数ではなく、特定少数に向けた運営を目指す

場の継続は最高のサービスである

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とまり木

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。