見出し画像

指定管理者制度から見えてくるもの

某施設の職員さんからメッセージが届く。

「やっと、行政の目を気にせず、活動できるようになり嬉しいです😆地域作り頑張りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます🥺」

そもそも民間企業なのだから、独自性を持って活動することが、より良い住民サービスにつながるのだが、そうはいかないプレッシャーがあるようである。

耳に入るのが、上下関係のような対応、態度や、過剰な行政的振る舞いの要求。独自の活動に対するクレーム。

この相談の方も、4-5年悩まれていたのだがようやく吹っ切れたようである。

民間の能力を抑え込み、管理のための管理をしていては、事業の縮小均衡が進むだけである。

もちろん、うまくいっている所もたくさんある。良い関係、パートナーシップの構築から、より良い住民サービスが生まれる。

指定管理を受けた側も行政側ばかり見て運営していると、本末転倒してしまう。

求められているのは、民間の知恵、行動力から生まれる住民サービスの向上にある。

#指定管理者
#住民サービス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。