スペースサイエンス1〜居場所の計画

居場所について相談をよく受ける

皆さん熱い

相談する方のバッググラウンドを伺えば、なんとなくどうしたいのかのイメージが感じとれる

場は運営する側と参加する側、あるいは一緒にシェアで成り立つ

どんな場も誰かが責任持って維持している

ほとんどが見えないところであれこれコツコツ行う時間

人任せでなく、その時間に喜びを感じて過ごせる人でないと続かない

自分のやりたいコトだけでは地域で支持されない

専門空間と一般性の共存はテクニックがいる

一般空間に専門性をイベント的に入れるのは行いやすい

居場所の主役は住民(利用客)

運営側は笑顔と会話を支える人

地域を読み取り、どんな人達の居場所を創りたいのか、運営を続けていける環境(ヒト、モノ、コト、カネ、健康)があるのか

広がる”イメージ”と、着地させる”見極め”のバランスできまる

楽しい普通 ≧ 熱さ、勢い、挑戦、分析、不屈、待つ勇気

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Community Health

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。