人間空間

地域デザインは手間と時間が織り成す人間空間。心の寄せ方で進んでいく。しかし、一人の思いだけでコントロールできるものではない。会話を重ね、方向性を確認しながら進むとリズムができてくる。

リズムには個人差がある。早い人、遅い人、激しい人、緩やかな人、調和するタイミングはメンバー構成によって違ってくる。視点を調整しながらリズムを刻み続けることで、小さな波がだんだんと大きな波になってくる。計画や予定調和させるものとは異なる進み方であり、主体性からのムーブメントである。

これは、心の表現や向き合う姿勢で、見えにくいものであるが、何かのタイミングでスポーツ観戦で見られるウェーブのように見えるものに変わっていく。

しかし、人によっては方向性は同じでも自分のリズムと違うと乗り切れず、ジリジリして状況そのものを揶揄したりする。スポーツ観戦では、様々な応援スタイルが繰り広げられるが、応援側にいながらも同じリズムではなくヤジを言うことで発奮を促し、チーム愛を表現する人もいる。良いヤジは応援のアクセントにつながるが、悪いヤジは周りを傷つけたり、士気の低下につながる。コミュニティも同様で、個人の攻撃で結束したり課題の追求がヒートアップしても良い結果にはつながらない。

プロセスを楽しめる人が増えることで空間は豊かになる。自分の時間を使い行動、実践するプレイヤーがいれば結果を求めるのではなく、まずは見守り、そして応援することである。
〔再校正)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とまり木

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。