面取りに含まれるメッセージ

旧公衆衛生院の柱には、角の面を取ったものと、そうでないものがある。
また、面取りは上部下部とも途中で止め、三角のデザインが浮かぶように施されている。

旧公衆衛生院の開設の目的は、保健衛生に関する研究と保健師の教育にある。

面を取った空間は、研究・教育を想定した専門的な場と考えられる。三角のデザインは向学と土台が表現されている。


面を取ってない空間は、一般的な場と考えられ、交流やプライベートな位置付けにある。
箇所としては、中央ホール、旧図書室、旧食堂、旧応接室、そして寮・宿泊室にあたる。

その上で階層に分け、配置が行われている。

専門空間と一般空間に分け、意識づけとして面取りの有無で示し、学校施設としてのメリハリが含まれているのではないかと考える。

文責 関原宏昭

#旧公衆衛生院
#面取り

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

旧公衆衛生院研究

内田ゴシック建築の私的な解釈
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。