せきらら

よくいる30代独身。趣味と仕事で書き物。他SNSやブログでは言いづらい、赤裸々などうしようもない感情を整理したいときに使います。そしてここが、同じように「思ってはいけないこと」を感じてしまうだれかをそっと肯定できる場所であればいいとも考えています。ニックネームは2秒で決めた。

音楽のように人を好きになれたら、私はただの愛のひと

頭の中を素直に言葉にすると、自分が実はピュアでとても愛に溢れた人なのではないかと仮説が生まれ、恥ずかしくなることがある。 でもみんな、大人もみんな ほんとうはそ...

当たり前ながら飲食店も組織であり生き物なのだなと思う。味だけじゃない。私はそこにいる人たちの空気感や気配り、そういうものが全て合わさったときに「ああ好きなお店だ」と思うのだろうな。次に間隔を空けて訪れたときにどう変わっているか少しドキドキしながら店を後にする。
#日記 #ごはん

よく行くランチのお店、何人かのスタッフが入れ替わったら若干忙しない印象になり寂しい😢サラダの具も減り、ホールの方が食べ終えた5秒後に笑顔でお皿を下げにきてしまう。そして常連なので来た瞬間に飲み物が出てくるが違うのを飲みたい日もあるのやよ…味は変わらずおいしいがムムム…
#日記

本屋でバイトがしたかった

ずっと残るものを作る仕事がしたいけど ずっと残るものなんて ないのかもしれないから すべて記憶として残る と思えば なんだって大丈夫なのかもしれない 消耗品も ...

同じ明日は来ないから いつも通りに生きてみる

台風の被害がこれ以上大きくならないことを願いつつ、 昨日みたいなすこし心細い日には みんなが「元々別の場所にいた」事実を思い出して不思議な気持ちになる。 毎日顔を...

魔法使いの町

ため息の丘で汚れた花を摘む 七色の紅茶を作るには これがいちばん効くのだという 魔法では出せない色があるらしい 「寂しい」を百度で溶かし出来たチョコ 少年の心を...