ヒメスミレ

おれはおまえとしか

喧嘩をしない

言い争ってまで

分かり合いたい相手なんて

おまえの他にはいないから


おれはおまえにしか

愚痴をこぼさない

弱音を吐いてまで

分かってほしい相手なんて

おまえがいればじゅうぶんさ


おれはおまえにしか

我儘を言わない

たしかめたいのかな

ダメな自分をさらしても

おまえが離れてゆかないか


どこから種が飛んできたのか

庭に一輪のヒメスミレ

おかげで塞いだ暮らしにも

やわらかな光ができたんだ


おれはおまえにしか

マジにならない

照れを捨ててまで

本音をぶつける相手なんて

おまえの他にいはしない


だからおまえにだけ

おれは夢を打ち明ける

人生の目的地なんて

連れていく相手にしか

伝えやしないよ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

関根裕治

詩1

2016年6月以前の作品
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。