『政秀寺古記』を読む。

14
ノート

『政秀寺古記』を読む 第15話「良馬之事」

第15話「良馬之事」

※この話は、どうも他書の抜粋のようです。『信長公記』には、平手政秀の切腹は、「織田信長を諌めるため」ではなく、「長男が織田信長に駿馬を献上しなかったのが原因で、不和になったから」としているので、作者としては「駿馬」が気になって掲載したのかもしれませんが、掲載されていない写本もあるので、写した人が書き加えたのかも知れません。

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/

『政秀寺古記』を読む 第14話「足利義昭感状之事」

第14話「足利義昭感状之事」

 光源院殿御舎弟義昭公の先鋒とて、信長卿、江州表え出張せられ、箕作の城を一時に攻落し、其勢に江州の敵城共、悉く、聞くや否や明け退く。
 一ヶ月歴(へ)ずして、義昭公、御本意遂げられ候。
 信長卿、供奉申され、三好が凶徒ども盡く打果して帰洛成されけり。
 此時、御感状に曰く、

 今度国々凶徒等、不歴日不移時、盡令退治之條、武勇天下第一也。當家之再興不過之、彌国家之治

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1

『政秀寺古記』を読む 第12話「小牧山新城落成時之連歌之事」

第12話「小牧山新城落成時之連歌之事」

一、小牧山を新城に成され候て成就の時、京都より紹巴を呼び下され、御祝儀の連歌を百韻仰せ付けらるべき旨也。
 在国の連衆は、塙茂元、岡田見桃、篠木の北野抔と云ふ者に仰せ渡され、「御褒美は信長卿より二百貫文、御家中より百貫文出すべし」と仰せ付けられけり。
 角て、紹巴、下国にて発句に、
  朝戸あけ 麓は柳 桜かな
と致されそらへば、信長卿、御耳にたち候て曰く

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1

『政秀寺古記』を読む 第11話「美濃御取り候時之連歌之事」

第11話「美濃御取り候時之連歌之事」

一、美濃御取り候時、信長卿の御発句、『信長記』にはなし。
    天が下をさめん為めに美濃取て
脇は誰々にても出し候へと仰せ候へば、佐久間右衛門尉、末座より、
    京阪本は衛門代官
と申し候へば、御感にて満座大笑の由也。

【現代語訳】

一、美濃国を征服した時、織田信長公は、連歌の発句を詠んだが、この話は、太田牛一『信長公記』には載っていない。
   

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1

『政秀寺古記』を読む 第10話「百菊之屏風之事」

第10話「百菊之屏風之事」

 信長卿曰ふは、「澤彦、長々滞在候て辛労たるべし。慰め候はん為め、朱印相調祝儀となし、四座の御能仰せ付けらるべし」との御催なり。「上下の僧俗とも見物致すべし」と兼日に御觸れ廻されけり。
 角て翌朝、澤彦登城そろ處、御座しきに金屏を立てまわされ、御同席にて見物仰せ付けられ、御能始り、一番過ぎそろて、信長卿、皮蹈鼻を一足、御手に提げられ曰は「澤彦は、蹈鼻を持たずや。是れは

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
やったー! ありがとうございます\(^o^)/

『政秀寺古記』を読む 第7話「織田信長卿、尾張国を統一せし事」

第7話「織田信長卿、尾張国を統一せし事」

 是より信長卿の御行跡もよくならせ給ひて、撫育民姓国家を治め給はん御心より外は別なし。
 日々武勇を振られ乎、戦場国中数度の合戦、清州城を初めとして、武略にて一日の内に御手に属し、其の次、守山の城、其の次に、岩倉の城、其の次に、犬山の城、何も御手に入りけり。
 小牧山にも御在城の由、美濃の国、斎藤藤右兵衛太夫龍興代に至り、以の外、無法度になり行き候時分、

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1

『政秀寺古記』を読む 第5話「平手政秀諌死せし事」

第5話「平手政秀諌死せし事」

 角て信長卿、十六歳にて、父・備後守殿におくれ給ふ。
 信長卿は、御幼少より、行跡、我意にして、先考へも不孝に候事、起居に政秀、盡至諫申せしは、「先祖、先考へ不孝に候事、五常をしろしめされず候。古人の語にも「孝子事亡如事存」(孝子、亡きに事(つか)うること存に事うるが如し)」とこそは申しをかる。
 彌(いよいよ)御機隨に候ては、武家の御冥加も盡(つ)き候はんか。一度

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1