『信長公記』首巻を読む。

56
ノート

『信長公記』「首巻」について

『信長記』(しんちょうき)は、戦国大名・織田信長の一代記(全16巻)で、著者は家臣の太田牛一(1527-1613)です。この『信長記』をもとに、小瀬甫庵は『信長記』を著し、元和8年(1622年)に刊行しました。両者を区別するために、太田牛一の『信長記』を『信長公記』、小瀬甫庵の『信長記』を『甫庵信長記』と呼んでいます。
 どとらも「記」(物語)ですが、「記」から脚色部分を取り除けば、史実が残るわけ

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1

『信長公記』『松平記』『三河物語』にみる「桶狭間の戦い」

「桶狭間の戦い」について語る時の必読書は、
・太田牛一『信長公記』
・大久保忠教『三河物語』
・阿部定次『松平記』
ですね。

 ──何が問題かって、三冊三様ってことです。

《『信長公記』の「桶狭間の戦い」》
https://note.mu/senmi/n/nd7f28bfc3ed9

①5月17日、今川義元、沓掛城に着陣。
②5月18日夜、松平元康(後の徳川家康)大高城兵粮入れ。
②5月19日

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1

『信長公記』は偽書か?

徳川家康の初手柄は「大高城兵粮入れ」であり、
徳川家康の初陣は「寺部城攻め」である。

※徳川家康の初陣:他の武将の「初陣」同様、寺部城を攻め落としたのではなく、城下に火を放っただけである。また、この初陣「寺部城攻め」は、初手柄「大高城兵粮入れ」とセットだという。

「天下の御意見番」こと大久保彦左衛門は、著書『三河物語』に、「大高城兵粮入れ」は永禄元年のことであり、その後、徳川家康は、岡崎城に戻

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1

「桶狭間の戦い」-「影武者説」と「遭遇説」-

1.はじめに

 「桶狭間の戦い」に関する私の主張は、何度も書いてるように、

 ──「桶狭間の戦い」ではなく、「鳴海桶狭間の戦い」

なんですが、戦国マニアさんたちが注目しているのは、そこではなく、

①「桶狭間」は名古屋市か、豊明市か
②「迂回奇襲説」か、「正面攻撃説」か

ですね。

 今回は、「影武者説」(「鳴海の戦い」)と「遭遇説」(「桶狭間」は第三の地)のご紹介です。

「桶狭間の戦い

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
3

「桶狭間の戦い」関連古文書

「桶狭間の戦い」については、『信長公記』の記述が100%正しいとして、100%正しく解釈すると、
①今川義元、桶狭間山着陣。「丸根、鷲津砦を落とした」と聞いて上機嫌。
②織田信長、善照寺砦に着陣。
③今川義元、漆山着陣。先鋒が織田軍を倒して上機嫌(「鳴海の戦い」)。
④正午、織田信長が「山際」まで移動すると、暴風雨になる。
⑤午後2時、今川義元本陣をピンポイント攻撃(「桶狭間の戦い」)。
⑥今川義

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/

「訳す事」と「解釈する事」-『信長公記』「首巻」の現代語訳を終えて-

──天知る、地知る、我知る、人ぞ知る。(『後漢書』「楊震伝」)

 秘密事ですら、天も、地も知っている。『信長公記』によれば、天道は恐ろしいもの(『魏書』に「天網恢恢疎にして漏らさず」)で、今川義元は、忠臣・山口親子に切腹させたので、山口親子の領地で殺されたという。(桶狭間は水野氏の領地だと思うが。)
 もうひとつ、『信長公記』には、清洲ではなく、運が尽きた験(しるし)であろうか、桶狭間で戦ったの

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/

『信長公記』「首巻」を読む 第50話「公方様御憑み百ケ日の内に天下仰せ付けられ候事」

第50話「公方様御憑み百ケ日の内に天下仰せ付けられ候事」

明くる年の事。
一、公方一乗院殿、佐々木承禎を御憑み候へども、同心なく、越前へ御成り候て、朝倉左京大夫義景を御憑み候へども、御入洛御沙汰中々これなし。
 さて、「上総介信長を憑み、おぼしめす」の旨、細川兵部大輔、和田伊賀守を以て上意候。則ち、越前へ、信長より御迎へを進上候て、百ケ日を経ず、御本意を遂げられ、征夷将軍に備へられ、御面目、御手

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1

『信長公記』「首巻」を読む 第49話「稲葉山御取り候事」

第49話「稲葉山御取り候事」

一、四月上句、木曾川の大河を打ち越え、美濃国加賀見野に御人数立てられ、御敵、井口より、龍興人数罷出で、新加納の村を拘え、人数を備へ候。其の間、節所にて馬の懸引きならざる間、其の日、御帰陣候ひしなり。

一、八月朔日、美濃三人衆、稲葉伊予守、氏家卜全、安東伊賀守、申し合せ候て、「信長公へ御身方に参ずべく候間、人質を御請取り候へ」と、申し越し候。然る間、村井民部丞、島田

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1

『信長公記』「首巻」を読む 第48話「濃州伊木山へ御上の事」

第48話「濃州伊木山へ御上の事」

一、飛騨川を打ち越え、美濃国へ御乱入。御敵城・宇留摩の城主・大沢次郎左衛門、ならびに、猿ばみの城主・多治見とて、両城は飛騨川へ付きて、犬山の川向ひ押し並べて持ち続けこれあり。十町、十五町隔て、伊木山とて高山あり。此の山へ取り上り、御要害、丈夫にこしらへ、両城を見下し、信長御居陣候ひしなり。うるまの城、ちかぢかと御在陣候間、越訴とも拘へ難く存知、渡し進上候なり。

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
1

『信長公記』「首巻」を読む 第47話「堂洞の砦攻めらるゝのこと」

第47話「堂洞の砦攻めらるゝのこと」

一、猿はみより三里奥に、加治田の城とてこれあり。城主は佐藤紀伊守、子息・右近右衛門とて、父子、御身方として居域候。長井隼人正、加治田へ差し向け、廿五町隔て堂洞と云ふ所に取出を構へ、岸勘解由左衛門、多治見一党を入れ置き候。
 さて、長井隼人、名にしおふ鍛冶の在所関と云ふ所五十町隔て、詰め陣にこれあり。
 さ候へば、加治田迷惑に及ぶの問、九月廿八日、信長御馬を出

もっとみる
やったー! ありがとうございます\(^o^)/
2