見出し画像

読もうとしている本のタイトル。と、不思議な話。

昨日は図書館に行きました。

例のごとく、読み終わらなかった本を返しに。

急いでいたので、本棚の前を適当に歩いて、目に留まった2冊を借りることにしました。

「何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤするための手帳術」

「上流階級 富久丸百貨店外商部」

上流階級の方は小説です。

これを手に持って貸し出しカウンターに向かいながら、背表紙を眺めました。

「・・・どんだけ憧れてんの」

係の若い女性に手渡しながら、

「このおばさんが考えてること手に取るようにわかるわ」

とか、この女性に思われてるんだろうなと半笑いになってしまいました。

まさに、こうなったら楽しいだろうと考えたことありますよ。
まったく意識せず手に取ったはずが、願望が漏れ出てしまったようです。

さて、出かけていた時間は1時間弱。
玄関の鍵を開けようとしました。
開錠したつもりが閉まっている。

「ああ、またやってしまった」

鍵を開けたまま出かけていたようです。

もう一度鍵を回して、ドアを引く。閉まっている。

「?」

何度か左右に鍵を回し、その都度ドアを引っ張る。

「??」開かない。

確かに立てつけが悪くなってきたな、とは思っていたが、これは完全に閉まっている。

まさか・・・

玄関ドアには鍵が2つある。
下の方の鍵を回す。ガチャ。

開くやん・・・

「こわっ」

思わず寒気がした。

下の鍵は年に1回使うかどうか。
子供が小さい頃に、私が鍵を持たないで郵便受けを見に出ている隙に鍵をかけられ、家に入れなくなって以来、中からかけられないように部品をはずしてあるのです。

なんで下の鍵がかかったんだよー。

オバケのいたずらでも怖いけど、強盗だったらもっと怖い。

怖すぎて昼休み中の夫に電話しながら家に入って、家中を捜査しました。

「誰もいない」と私が言うと、

「ドアを閉めた勢いで鍵がかかったに決まってる」

夫はそう言ったけど、そんなわけないでしょ・・・

深追いはするまい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しすぎます!
3

瀬もり 青

自分の頭の中に浮かんだことを文字にしてみたいです。 インプットとアウトプットで循環させて、何か残したいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。