見出し画像

\銭湯好きな、仲間を募集!/高円寺小杉湯のとなりで、新しい施設を一緒に運営しませんか?

※8/25追記:こちらの記事内容についての募集は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

初めまして。(株)銭湯ぐらしです。

私たち銭湯ぐらしは、銭湯好きのクリエイティブチーム。
現在、高円寺の銭湯「小杉湯」の隣に、銭湯と一緒に利用できる複合施設を計画中です。
お風呂上がりに、ご飯を食べたり、作業ができたり。思い思いの過ごし方ができる場所です。

このたび一緒に企画や運営をしてくれる人を探しており、今回noteに初投稿!銭湯やコミュニティづくりに興味がある人、ぜひこちらの記事を読んで興味を持っていただけると嬉しいな…!
ご応募、お待ちしております*\(^o^)/*

銭湯ぐらしとは?

私たち銭湯ぐらしは、普段は全く別の仕事をしているメンバーが集まって活動している会社です。
実際に小杉湯のとなりに一年間暮らしてみて、その豊かさ・温かさのとりこになってしまった十数名のメンバーが、自分たちの得意分野を持ち寄って日々働いています。

去年10月10日に株式会社化してから初めてのお仕事は、小杉湯の隣に新しい建物を企画・運営すること。
なにを隠そう、私たちが一年間暮らした銭湯つきアパートの跡地です。

私たちも実際に体感した、「銭湯のある豊かな暮らし」を広めたい。
みんながそれぞれの暮らしを持ち寄れる、温かい場所を作りたい。

そんな思いで、企画を開始。
たくさん試行錯誤をしながら、2020年2月のオープンに向けて知恵を出し合っています。

今日はそんな企画を一緒に考え、実際に施設の運営まで携わってくれる仲間を探しての投稿ということで!
まずは、高円寺小杉湯となりに企画中の施設「小杉湯 となり」の紹介をさせてください*\(^o^)/*

「となり(仮称)」はこんなところになる予定。

小杉湯の隣に次に建つのは、3階建ての複合施設。


1階は、お風呂上りの一杯やみんなでご飯を囲める、台所のような場所。
2階は、お仕事にも使える、書斎のような場所。
3階は、みんなでイベントを持ち寄れる、居間のような場所。


銭湯が街のお風呂であるように、街に開かれた家のような場所をつくることで、日常のちょっとした楽しみが増えたり、高円寺のぬくもりを感じられるような場所を目指しています。

何より、銭湯のような温かい場所にしたいから。
どんなことができたらいいかな?そのためにはどんな場所になったらいいかな?どんな運営ができたらいいかな?…そんなことを毎週銭湯に集まって議論しています。

建つ前からトラブル続き!私たちがぶつかった(今もぶつかり中!?)2つのこと。

いろんなバックグラウンドのメンバーで構成されている、私たち銭湯ぐらし。
それぞれの持ち場でたくさんのトラブルを経験しているので、このプロジェクトも簡単ではないことはわかっていたのですが。
それでも「うおー!なるほど!そんなこともあるのね」というトラブルがあるもの。

1 みんな忙しすぎて時間が合わない事件
建築家、デザイナー、番台(!)、旅人(!!)…。
年齢も20台後半から30代半ばまで。いろんなキャラクターがいるからこそ、想像もしていなかったアイデアが飛び出し、本当に楽しい毎日なのですが。

いかんせん、みんな忙しすぎて時間を合わせるのが難しい!

基本的には毎週平日の夜に集まっていますが、どうしても来れない人がいる時もあります。

今はWEB会議やslackでの日々のコミュニケーション、メンバー間で報告を助け合う制度などを徹底することで、なんとか多忙でも前に進めるように。

ちなみにどんなに忙しくてもやっぱり銭湯好きな我々。
MTGのあとは福利厚生で配られる銭湯券(いいでしょ!)でみんなで小杉湯に入って帰ります。

ここで気持ちも体もほぐれた上で会話をしていると、MTGで煮詰まったこともポンと答えが出たり。
やっぱり、銭湯っていいですね。

2 まさかのボルトがなくて着工が遅れる事件

もう一つはこちら。なんとオリンピックの影響なんですって!

オリンピックに向けて日本は今ボルト需要が急上昇中。結果、他の材料はあってもボルトがなくて着工が遅れるケースがよくあるんだとか。

私たちも本当は今年の秋オープンを目指していましたが、2月に変更になりました。
ボルトってあのボルト…?と何度も聞き返したのですが、私たちの知ってるあのボルトでした。笑
とは言え、できることはたくさんあるはず!今は、オープン前のイベントや、みんなが施設づくりに関わってもらえる準備しています。

こんな方周りにいませんか?

今後も計画の詳細を考えたり、イベントやDIYを企画したり…やっていくことが目白押し!
特に高円寺という多様な人が集まる街に根差して、どうやってコミュニティをつくっていくのか?を模索中です。

そんなわけで今回、小杉湯のとなりを舞台に場づくりを担当する「コミュニティマネージャー」を探すに至ったというわけです。
ここまで読んでくださったそこのあなた!もしくはあなたの周りに、こんな方いらっしゃいませんか?

♨場づくりやコミュニティ運営をしたことがある!
みんなが心地よい場所づくり、心地よいコミュニティづくりが大切なプロジェクトなので、コミュニティづくり経験者を募集です。
カウンターに立ってお客さんと話したり、地域の方とイベントを企画したり…、まるで銭湯の番台のように直接お客さまとコミュニケーションをとりながら、コミュニティをよりよくしていく役割になります。
メンバーの中には、「シブヤ大学」という、誰もが受けられる授業を通した渋谷のまちづくりを手掛ける人もいるので、きっと刺激ある環境になるはず!

♨多様性な価値観を楽しめる!
銭湯ぐらしのメンバーもいろんなバックグラウンドを持っているし、「小杉湯 となり」に来てもらうお客さんも多様な価値観の人に来てもらいたいと思っています。
なので、そんな環境を楽しめる方を募集しています!そんな方にとっては、居心地のいい環境になるはず(体験談!)

♨新しいこと、前例のないことが好き!
今までにない場づくりを目指しているので、どんどん新しいことにトライしていくことになります。課題も頻発するし、一人では解決できないこともたくさん起きます(体験談!)。
それ自体を楽しむマインドを持っている人にとっては、きっと楽しい場になるはず!

♨銭湯のことが好き!
これは…言わずもがなですね!
MTG後は一緒に銭湯に入りましょう*\(^o^)/*

端的にいえば銭湯好きの素直でいい方!自薦他薦問いません!
ぴんときた方は、info@sentogurashi.comまでご一報を^^

締切は5月末まで(予想以上の応募いただき、少し前倒させていただきました><ご連絡くださったみなさまありがとうございます)。
・名前
・簡単なプロフィール
・SNSアカウント(任意)を上記アドレスまでお送りください。


いい場をつくっていきますよ!

まだまだやっと着工というステータス。日々七転八倒しながら、みんなで楽しく企画を練っています。
これから少しずつnoteでも発信していきたいなと思っているので、たまに覗いていただけると嬉しいです。

これから、よろしくお願い致します^^

■建築概要
名称 :小杉湯となり
建主 :株式会社小杉湯
企画 :株式会社銭湯ぐらし
建築設計 :樋口耕介+瀧翠 T/H
構造設計 :TECTONICA INC.
外構設計 :BROCANTE
施工 :まつもとコーポレーション
所在地 :東京都杉並区高円寺北 小杉湯のとなり
敷地面積 :83.88m2
建築面積 :48.34m2
延床面積 :125.72m2
階数 :地上3階
構造 :鉄骨造

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

152
銭湯で得られるような「余白のあるくらし」づくりを目指し、建築・デザイン・音楽・事業開発など、さまざまなメンバーが集う、クリエイティブチームです。

コメント1件

めちゃめちゃおもしろい取組みですね。楽しそう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。