見出し画像

幸運を掴む人と、掴めない人の違いとは??

早起きしようと思ったのに寝坊するし、乗った電車は遅延するし、急いで会社に向かったら重い仕事を任された・・。


そんな不運続きにウンザリしたことってありませんか??


誰にでも「運気」というものがあるからこそ、何か良いことが続く時もあれば、何をやっても上手くいかない時もあります。

ですが、世の中にはその運を上手く乗りこなせる人(幸運を掴む人)と、そうじゃない人(幸運を掴めない人)がいる。


何をやっても上手くいっている人を見ると羨ましいなと思うこともあると思うけど、幸運を掴める人には“幸運を掴む習慣”というものがあるんです。


しかも、その習慣は難しいことではありません。

あなたも“幸運を掴む習慣”を取り入れて、運の波に乗ってみませんか??

【目次】
当たり前に起こっている出来事に目を向ける
“気づきセンサー”を磨いて幸運を掴め!
「発想の転換」で幸運体質になる
まとめ

当たり前に起こっている出来事に目を向ける

身の回りで起こっている出来事に目を向けてみると、案外、普通じゃありえないことが起こっていたりするもの。

「偶然だ」
「たまたまそうなっただけ」

と思えることでも、素晴らしい巡り合わせによって起こっていることの方が多い。


ちなみに私は今日の朝、折りたたみ傘のハンドルを無くしてしまって、

使って3日目でこんな状態にしてしまったわけですが(笑)

「起こってしまったものは仕方がない!」くらいに、楽観的に考えていると(その時カフェにいたのですが)店員さんが箒を持って急に入り口の掃除をし始めハンドルのストラップらしきものを拾っていたんです。

遠目で見て見えていたのは↑このストラップの部分だけなのに「私のハンドルに違いない!」と思って声をかけたら、それは失くしてしまった傘のハンドルでした。

(無事装着。笑)

これ、極々当たり前の出来事のように思えますが、

・カフェの入り口にハンドルを落としていた
・店員さんがこのタイミングで入り口の掃除を始めた
・店員さんが傘のハンドルを「ストラップが見えるように」手に持っていた
・店員さんが傘のハンドルをすぐに捨てなかった
・「ハンドルのストラップらしきもの」に気づいて店員さんに声を掛けた
・自分の直感を信じて店員さんに声を掛けた・・

このような“奇跡”が起こっていなければ、私はハンドルを見つけることができませんでした。


今まで起こった出来事を振り返ってみても、

出かけようとしたら雨が止んだり、電車が遅延してくれたおかげで行きたくなかった予定がキャンセルになったり、財布を過去6回ほど無くしてもすべてお金が残った状態で返ってくる、、なんてことがありました。

こんな奇跡が起こるのも、きっと「幸運を掴むための習慣」を取り入れているからなんだと思うんですよね。

“気づきセンサー”を磨いて幸運を掴め!

些細な変化に気づくためには“幸運を掴む習慣”を取り入れること。

そのためには、周りの人の会話や目の前で起こっている出来事、ちょっとしたアクシデントなど“日常の何気ないこと”に気づくセンサーを磨く必要があります。


ちなみに“気づきセンサー”を磨くには、心の余裕や豊かな感性が必要不可欠!

毎日時間や仕事に追われて目まぐるしい日々を送っていては、日常のちょっとした変化に気づくことはできません。

「忙しいな」と思う時ほどカフェでゆっくりお茶する時間を取り入れてみたり「ご飯を食べる時は食べることに集中する」「人と話す時は人の目を見て会話する」というように“一つずつ、丁寧に”を心がけてみる。


すると心に余裕が出てきて、視野も自然と広がり、

「コーヒーってこんなに美味しかったんだ。。幸せだなぁ・・。」
「最近カリカリしちゃってたな。もっと人に優しく接してみよう!」
「気分転換に旅行にでも行っちゃおうかな!」


こんな気づきや閃きが起こったりするんです。


また「読書の習慣を取り入れる」ことで、感性や想像力を磨くこともできます。

私が「ハンドルが無くなったなら仕方がない(これでも一応使えるからいっか!)」「普段は私の気に入ってる別の傘を使えば良いよね♪」と、すぐに思考を切り替えることができたのも、実は読書で感性や想像力を磨いているからこそ。

読書は沢山の視点を持つ手助けをしてくれるから、何か問題にぶつかったとしても解決策をすぐに見つけ出すことができるのです。


活字が苦手な人、時間が惜しい人にとっては読書をすることが苦痛に感じることもあるかもしれないけれど、

想像力を掻き立てることによって心を豊かにしたり、スムーズに問題解決ができるようになることを考えると、読書はけして無駄にはなりません。

「発想の転換」で幸運体質になる

「発想の転換」は、幸運体質になる上でとても重要なこと。

多くの「成功者」「お金持ち」と言われる人たちも、この「発想の転換」によって幸運を掴んできた人ばかりですが、

その理由は「前向きな考え方」を持って良い波動を出すことによって「ポジティブな事象(出来事)」を引き寄せることが出来ているからなんです。


「波動」なんて言葉を使うと、だいぶ怪しげな感じもしますが(笑)

人の体に流れている微電流(波動)によって、共鳴し合ったものが引き寄せられるということは科学的にも証明されています。


「嫌いな人の噂話をしていたらすぐ近くに本人がいた」とか「あの人に会いたいなぁ、と思っていたら連絡が来た」というのも、波動によるもの。

あと“ペットが飼い主に似ている説”もそうで「人は無意識に自分に似たペットを選んでいる」のだとか。

ちょっと話は逸れましたが、自分のイメージしたことは現実になるようにできているから、些細な出来事であったとしても「幸せな出来事」としてこじつけるのも大事なことなの。


・バイトの面接に落ちた
もっと適した仕事が他にあるサインだ!
※面接に落ちたおかげで、その後自分に合った職場を見つけることができた。

・食事がめちゃくちゃマズかった
食中毒にならなくて良かった!
※これをキッカケに美味しいご飯屋さんを見つける方法を習得した。

・上司に散々怒られた
欠点に気づくキッカケがもらえた!
 自分と向き合う良い機会になった!

※自分の強みが活かせる部署に異動することが決まった。

ちょっと視点を変えて捉えることができれば「アンラッキー」を「ラッキー」に変えることが可能になります。

また前向きな考え方が身についていれば「※」のような幸運な出来事を引き寄せることもできるようになります。

まとめ

起こる出来事は同じはずなのに、幸せだと感じる人とそうじゃない人がいます。

前者のように幸せ感度が高い人は、些細な変化や小さな幸せに気づくことができるから普通の人よりも心が豊かな人が多いのかもしれません。


もし「幸せ感度が鈍ってそうだな」と思うなら、忙しい時間から抜け出して読書をしたり、一つ一つを丁寧にやることを心がけてみてください。

いつもとは違った世界が見えてくるはずです^^





無料ブログには書けないお得情報はマガジンからチェック!

▶︎Mentorshipオンラインサロン
▶︎ダメ恋愛脱出講座(先読み割引実施中!)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

Natsumi@才能プロデューサー

生まれ持った直観力で「自分だけにしかない才能」を見つけるのが得意。隠れアスペルガー 、HSP (極度な繊細人)という視点から、ブログには書けなかった潜在能力の引き出し方や愛をお金に変えるビジネス講座、ギフテッド(繊細人)のためのダメ恋愛卒業講座などを随時更新していきます^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。