見出し画像

スキャナーを借りて、家のいらない紙という紙を捨てた話

「物の整理」には売る、捨てる、友だちにあげる、サマリーポケットのような収納サービスを使うなど、いくつか選択肢がありますが、今回は紙にフォーカスしてみたいと思います。

使ってない紙、どう管理してますか?

みなさんの家に「1年以上触っていない紙って、どのくらいありますか?」

会社からもらった雇用契約といったたぐいの書類、賃貸契約で必要だった書類、イベント会場でもらった資料などなど、思い出の写真などなど、けっこうあるんじゃないかなと思います。

紙で保存が必要な保険証券はなかなか捨てづらいですが、万一なくなってしまったり、紙が汚れたり破れてしまったりすることがあると、仮にあるとします。そういったときにどんな内容だったか確認できる意味でも、おすすめします。

そこで登場するのが、スキャナー。

スキャナーでデータ化しておけば、いつでも確認できますよね。

なかなか高額なので手が出しづらいと思いますが、もしスキャナーがレンタルできるとしたら、5000円ぐらいで借りられるとしたなら、どうでしょうか。

必要なときにスキャンしたデータが見れて、物として管理する必要がなければ、ぜひ「物の整理」をやってみるとスッキリします。

スキャナーを買うんじゃなくて、借りる

今回は「Rentio(レンティオ)」さんをご紹介します。

借りるがとてもかんたんで、Webで注文、宅配で物が送られてきます。おわったら返送用の送付状がついているので、コンビニなどで送り返します。送料込みも有難いですね。

具体的には、たとえば連休前に「3泊4日」で借ります。

この期間が絶妙で、家で受け取ってさあやるぞとなってもけっこうな量になるため、1日でやらず何日かにわけてすると気が楽です。

わたしは読み取りが早いスキャナーとして「ScanSnap」を借りたことがありますが、とても重宝しました。

[レンタル] 富士通 ドキュメントスキャナー ScanSnap (A4/両面/Wi-Fi対応) FI-IX500A – Rentio[レンティオ]
https://www.rentio.jp/products/fi-ix500a

この機種はとにかく読み取りスピードが早いので、学生時代の写真やノート、残しておきたい書類を、すべてデータ化してみました。

スキャンしている最中、思い出にも浸りながら、またこんな書類あったのかと発見もあり、お宝のように思えますが、目的は「物の整理」です。しっかり必要/不要のフラグを、スキャナーで読み取りながら、たてていきましょう。

不要になった書類は、シュレッダーして紙ゴミで捨てるか、機密書類廃棄の会社に依頼するか、送料は負担ですが無料で引き取ってくれるところを探してみるなどありますが、そのときの状況によって決めるといいかもしれません。

まとめ

「物を整理」のなかでも、今回は紙にフォーカスしましたが、紙は知らず知らずのうちに増えていきます。増えたら一度立ち止まって考える習慣として、みなさんも「物の整理」をしてみてはいかがでしょうか。

ライフスタイルを上質にしていく過程で、ある程度の身軽さが必要になってきます。買うまでもない物はレンタルして、そのツールをフル活用。所有ではなく、利用の発想ですね。

大切なので、もう一度。

買って所有するのではなく、借りて利用する。

次の日からスッキリした気持ちになる方法はたくさんあると思いますが、こういった有難いレンタルサービスを利用することで、よりアクティブな物の利用ができるといいなと感じています。

以上、Rentio(レンティオ)でスキャナーを借りた感想でした。

よければ、マガジンの登録もお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

さいごまでご覧いただきありがとうございました。 よければこの下にある「スキ」ボタンをポチッとお願いいたします!

3

せしらん@ミニマリスト

2017年ごろからミニマリズムに芽生え、シンプルなライフスタイルについて、日々投稿しています / いっしょにシンプルライフを目指しましょう^^ / フォローいただければお返しします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。