見出し画像

「青と夏」にみる青春の痛さ


9月。
残暑厳しく、夏の名残を感じる今日この頃。
扇風機の出番は減り、アイスはいつまでも冷凍庫に居座る。

残念ながら今年はあまり「夏っぽい」事が出来なかった。
海、スイカ、花火、野球、恋…


そう これは
Mrs.Green Appleの「青と夏」の話。

画像1


先日、友人とカラオケに行った時にこの曲のPVを初めて見た。



泣いた。




こんなにも夏が恋しくなるPVがあるか。

あまりの尊さに、「あぁあ“あ”あ“」とカラオケボックスの中で悲鳴をあげながら泣いた。
同席していた友人も泣いていた。

なぜもっと早く教えてくれなかった!?
私は非常に怒っている。
もし、去年のリリース時に知っていたら…
今年の夏前に知っていたら…!

きっと、この一か月の過ごし方は180度変わっていただろう。

画像2


夏の、青春時代の全てが詰まっている。
これは教科書だ。
学生が送るべき夏の教科書。

https://youtu.be/m34DPnRUfMU

一度、見てみてほしい。
曲を聴きながら、じっくりPVを見てくれ。
青春の痛さと熱さと切なさに涙が止まらなくなるだろう。




青春は、痛い。


心の体力があるのだ、学生には。
だからむちゃくちゃに生きる。
感情に振り回され訳もわからず己で行動する。

思うがままに突っ走るその姿は、
滑稽で、
理屈が無く、
「今はもうできない」と諦める大人に強く刺さるのだ。

痛い。
過去の自分と重ねて、痛む。
後悔と取り戻せない事実に、痛む。


23歳の自分には、もう制服を着たまま海に飛び込む事はできない。
階段の上から「好きだ」と叫ぶ事も。
受験に向けて頑張る事も、
甲子園に敗れた球児を涙目で見つめる事も、
放課後の教室で踊る事も、


もう、できないのだ…!!
(これを書きながら泣いてます)

画像3



学生の夏を退廃的に過ごしたからこそ、私はこんなにも夏に魅力を感じる。
何か違うと思いながら、無意味に繰り返す。
今年もまた、満足のいかないまま夏が終わろうとしている。


眠りにつく前。
暗い部屋の中で、ゆっくりと首を振る扇風機を見ながら頭の中で作り上げる。

自分の理想の夏の風景。
その音と、匂い。


私は、自分の中にある理想の夏を追い求め、一生追いつけないまま死ぬのだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やばすぎ、天才か
3

しえとみ

人生に焦っている。

コメント2件

はじめまして。
すごいわかります。
青と夏!!すごいいい曲ですが!
今のわたしにとっては泣けます!!!
しえとみさんの記事を読んで
共感しかありません。
しょーじ様
はじめまして。
無数のnoteの中からこれを見つけてコメントして頂き、ありがとうございます。
切ないラブソングとかよりも、
こういうストレートな青春ソングの方が泣いてしまいますね…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。