その文章、横並びだと読みにくくない? スマホビューを意識して書いてますか?

箇条書きは特にスマホビューで真価を発揮します。見やすさが格段に違うんですよ。というお話です。

※この note を読まれる際には、ぜひ実際のPC表示とスマホビューを見比べてみてくださいね。


実はわたくし、足裏にできた血管腫(良性)の切除手術を受けることになり、先日、入院費用に関する説明を受けてまいりました。その際にお聞きした病院の個室料金がよい題材になりそうなので、例として取り上げてみます。

百聞は一見にしかず。具体例を見てみましょう。


ちなみに、この note内で使用している画像は、私の使っているデバイスの画面に比率を合わせています。

▶ スマホ(HUAWEI Mate20lite)
 ・画面:約6.3インチ
 ・1行(横):20文字
 ・ヨコ6.7cm × タテ12.15cm
  ※ アドレスバーを除く

▶ デスクトップPC
 ・解像度:1920×1200


【例1】箇条書きを使わない場合

一般病室(4人部屋)は無料ですが、個室を利用する場合は部屋代が別途かかります。

特別個室は5種類あり、料金は、A特室が15,000円(税別)/日、B特室が10,000円(税別)/日、C特室が8,000円(税別)/日、D特室が7,000円(税別)/日、E特室が6,000円(税別)/日に設定されています。


◆ PC表示
 ━━━━━━━━━━━━━━◆


◆ スマホビュー
 ━━━━━━━━━━━━━━◆


なお、「特室」は「特別個室」という意味で使われているようです。わざわざ説明の必要な言葉を使わなくても、「個室」で表せますね。【例2】では「個室」に置き換えてみます。


【例2】箇条書きを使った場合

病室の利用料金は以下のとおりです。
 ● 4人部屋・・・無料
 ● 個室 A・・・15,000円
 ● 個室 B・・・10,000円
 ● 個室 C・・・8,000円
 ● 個室 D・・・7,000円
 ● 個室 E・・・6,000円

※金額は日額・税別です。


◆ PC表示
 ━━━━━━━━━━━━━━◆


◆ スマホビュー
 ━━━━━━━━━━━━━━◆


最も長い1行が17文字。改行は入りません。

【例1】箇条書きを使わない場合
【例2】箇条書きを使った場合

この2つを比べると、断然【例2】箇条書きを使った場合 のほうが見やすいですね。10人に聞いたら10人がそうお答えになると思われます。


おわかりいただけたでしょうか。私が箇条書きをおすすめする理由。

鬼添削のご依頼を受けてブログ記事を拝見していると、【例1】のような書き方をされている方が意外なほど多いことに気づきます。「スマホビューを徹底的に意識して書くように」とアドバイスを差し上げ、リライト後の記事(箇条書き)をお見せすると、ハッとされるようです。

箇条書きを効果的に使えば、より少ない文字数で最大の情報を伝えることが可能になります。

【例1】128文字
【例2】84文字


【例1】箇条書きを使わない場合 に対し、【例2】箇条書きを使った場合、約34.4%もの文字数の削減が可能となりました。


ことり的まとめ

ネットユーザーは文章を読みません。私たち書き手からは想像しがたいことですが、これはまぎれもない事実。

ことに、キーワード検索によってブログ記事を訪問してくださった「初めてのお客様」には、パッと見で理解できる表現・表記を心がける必要があるのです。


【例3】表を使った場合

さて、ここからはオマケ。表を使うとどうなるかという実験(?)です。


◆ PC表示
 ━━━━━━━━━━━━━━◆


◆ スマホビュー
 ━━━━━━━━━━━━━━◆


さらにスッキリまとまっていますね。

※表を作成する際には、可能な限りセル内に改行が入らないよう意識しています。


文字数は以下のとおり。

 【例1】128文字
 【例2】84文字
 【例3】43文字


【例1】箇条書きを使わない場合 に対し、【例3】表を使った場合、約66.4%もの文字数の削減が可能となりました。


この見た目情報量の違い、あなたはどう見ますか?


【番外編】note の場合

note には表が挿入できませんので、このような▼画像を挿入しています。

※ エクセルで作成し、「ScreenPresso」でスクショ(画面を撮影)したものです。


◆ スマホビュー
 ━━━━━━━━━━━━━━◆

この程度の情報量であれば、文字が大きく表示されて、より見やすいですね。


今後の執筆にお役立ていただけましたら幸いです。
瀬戸内ことり@校閲の鬼でした。

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ある程度 note を書き貯めたら、記事執筆に役立つ「チェックリスト」みたいなものも作れたらいいなぁ・・・なんて考えています。事例をご提供いただければ note内にてご紹介いたします。「バッサリ行ってくだせぇ」という勇者の出現をお待ちしております。

たくさんのブログ記事を添削してきてわかったこと。文章が不得手な方に共通する多くの項目。過去に拝読したブログ記事の大半で指摘してきたこと...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私のnoteをお読みいただきありがとうございます。この情報が少しでもあなたのお役に立てばうれしいです。 皆さまのご支援のおかげで、より良い執筆環境が保たれています。これからもよろしくお願いいたします。

お役に立てましたら光栄です!
20

瀬戸内ことり

文字を見るとつい校閲をしてしまう「鬼校閲手帖」の中の人。人気記事は詐欺に遭ったときのお話と無料動画DLサイトの話題。なぜ・・・。ブログ▶https://setouchi-kotori.com

校閲さんの文章術―100人のブログ記事を添削してわかったこと

たくさんのブログ記事を添削してきてわかったこと。文章が不得手な方に共通する多くの項目。過去に拝読したブログ記事の大半で指摘してきたこと。 実践のしやすさ、読みやすさが最優先と考え、小さな項目に分けてお伝えしてまいります。 「縦に長~い情報って使いにくい」が持論です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。