見出し画像

デュアルブートで狂ったWindows 10の時計を直す

問題

上記の記事のように、元々WindowsだけをインストールしていたPCに後からUbuntuをインストールした後、Windowsに切り替えると、時刻がズレてしまっていました。

これは、Ubuntu Linuxが起動時にBIOSで管理しているハードウェア時刻をUTC時刻(世界標準時)に上書きした上で、OS上に表示するシステム時刻を日本時間(UTC+9時間)になるように差分を計算して表示しているからのようです。

その状態でWindowsを起動すると、Windowsはハードウェア時刻が日本時間であると思っているため、実際にはUTC時刻を画面に表示してしまいます。

解決策

1.  Windowsのレジストリを修正して、ハードウェア時刻をUTCと認識させて、UTCと日本時間の差分を計算させてシステム時間を管理する
2. Linuxのハードウェア時刻の認識をUTCではなく、日本時間と認識させて、それをそのままシステム時間とする

1と2のどちらかをすることになりますが、私はなんとなくWindowsのレジストリはいじりたくないので、2の方にしました。

$ sudo hwclock -D --systohc --localtime

これをLinux側のターミナルで実行すると、ハードウェア時刻にローカル時刻(日本時間)が書き込まれ、システム時刻はそのままハードウェア時刻(つまり日本時間)が使われます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

setoyama60jp

本業も副業も教育関連の仕事をしています。 訳書に、Pythonによるデータ分析入門、Rグラフィックスクックブック(オライリー・ジャパン) などがあります。 最近は、子ども向けのプログラミング教育に興味があります。 情報発信用にnoteを始めてみました。

自宅で機械学習環境構築

自宅に自作PCを組み立てて、Linux(ubuntu)上に機械学習環境を構築していったときの記録用ノートを集めたものです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。