見出し画像

ドローンスクール受講記録

経緯

なんとなく、ドローンを上手になりたいな、と思っていたときに、たまたまドローンスクールジャパン会津猪苗代校のウェブサイト(2019年5月現在、Webサイトが閉鎖されてしまったのでリンクを張れず・・・)を見つけたので、年末年始休暇に受講してこよう、となりました。

受講の流れ

以下のような感じで、2日間の講習。初日の午前中以外は、ひたすら実技。

初日
10:00 - 12:00 座学 
13:00 - 16:00 実技

2日目
10:00 - 15:00 実技

座学

以下のような内容(主要部分のみ抜粋)を教えてくれます。

・ドローンの歴史
・ドローンとは何か
・一般的なドローンの構造
・最新機種(Phantom 4)紹介
・ドローンの安全運行のための重要なポイント
・ドローンの安全運行に関する規制の理解
・ドローンのプロポの電源ON/OFF
・機体・機器の点検・整備
・損害保険

座学時は、他に生徒がいなく、1対1でこんな感じでした。

実技

以下のような実技講習があります。

・ホバリング
・前進
・横平行移動
・斜め移動
・四角形で周回
・上昇・下降
・円運動

ホバリングが最も基本的ですが、最も難しいと感じました。

実技の練習中は、ドローンの姿勢制御機能をオフ(P-モードではなく、A-モード)にして指導が行われるので、自力で姿勢制御を行わなければならず、それが想像以上に難しいです。

最後に、上記の検定試験みたいなものがあります。

結果

ライセンスカードがもらえました。

2級までとると、国土交通省に申請をするときに、手続きが少し楽になるそうです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

setoyama60jp

本業も副業も教育関連の仕事をしています。 訳書に、Pythonによるデータ分析入門、Rグラフィックスクックブック(オライリー・ジャパン) などがあります。 最近は、子ども向けのプログラミング教育に興味があります。 情報発信用にnoteを始めてみました。

ドローン達人への道

ドローンをうまく使えるようになろうと思いたったあと、学習の課程を記録しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。