見出し画像

「イツモアリガトウ」を言ってほしくて「ヒマラヤ」 第2回

先日お客さんに嫌味を言われる。

「こういうの(こういう仕事)、初めてですか?」と嘲笑しながら帰りがけに。言われても仕方がない不甲斐なさに自覚があった。

理不尽なことを言われた方がただムカついて終われたかもしれないが、100%自分が悪い。
でもモヤモヤや疲れを感じる権利くらいはあるはずだ。

自分への苛立ち、指摘された事実。誰かにぶつけるには理不尽すぎる気持ちを抱えていた。

そんな時私が行くのは「ヒマラヤ」。
インド料理屋さんだ。店員さんは全員ネパールの方。(インド料理はネパール料理を内包しているらしい)。

店員さんは時々しか訪問しない私のことを覚えていてくれて、その上いっつも優しい。

日本語はほとんど通じない店員さんだが、私もネパール語、英語を話せないので一生懸命ジェスチャーや指差しで希望のメニューを伝えるが、伝わらない。

私の言いたいことが全然分からない苛立ちを感じでもおかしくないだろうに、
いつもニコニコ、日本語で

「ダイジョウブデスカ?」

と言ってくれる。

やり取りに癒されながら、待ちわびた料理はどれもおいしく、しかも安い。
「ちょい飲み おつまみメニュー」を頼んで何かカレーを頼むのが私の定番コース。

「ちょい飲み おつまみメニュー」はアルコール、量多めなおかず2品で900円。どうかしてる。

おつまみメニューを食べながら、パソコンを開いたり本を読んだり。
コミュニケーション多めのお店のような感じで紹介してしまったが、話しかけない限り基本的にほって置いてくれる。

待ちわびたカレー。この日は玉ねぎたっぷり「マトンドピヤザ」。


そして私にとっての真骨頂、お会計。

深々とした

「イツモアリガトウ」

を言ってくれる。

“いつも”とお世辞にも言えないほど訪れていないのに、行く度に心の底からのその言葉を言ってもらえる。
違うメニューが出てきたりすることも一度や二度ではない(この日もそうだった)が、そんなことを上回ってもその言葉を言ってほしい。

善意を利用しているかもしれないが、
言葉は偉大だ。

私は偽りないこの言葉を言ってほしくてヒマラヤに行くのだ。

SHOP DATE
インドアジアンレストラン バー ヒマラヤ
住所:東京都新宿区上落合2-28-1 
営業時間:11:00~15:00、 17:00~23:00
定休日:なし
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132104/13186384/
企画メシ4期の有志で寄稿するコラム集、「コラム街」。
そのほかの執筆者のコラムはこちらから!
https://note.mu/bookandmusic/n/n918043f2d2f2

#東中野 #ヒマラヤ #企画メシ #コラム街 #インド料理 #カレー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

せと せつこ

ウェブメディアの営業。31歳。独身。

日々の様々な疲れに様々なエスケープ場所in東中野

日々疲れる。毎日違う疲れが私を襲う。その時々に私が逃げ込むエスケープ場所したためるコラム。愛して病まない東中野を舞台にご紹介。
1つ のマガジンに含まれています

コメント3件

ダイジョウブデスカ?ダイジョウブじゃないわ!っていうメニュー間違いだけど、いつも、って嬉しいね〜〜。泣けた。
まず写真が美味しそう!!
そして安い!
違うメニューが出てくるのは可笑しいですが笑

ふたつの帰りがけに言われる言葉、「こういうの、初めてですか?」と「イツモアリガトウ」の対比が美しい文章でした。
本当に言葉は偉大で、誰かをいやしたり、モヤモヤさせたりしますよね。
自分もプラスな気持ちになる言葉を人にかけたいなと思いました。
「ちょい飲み おつまみメニュー」はアルコール、量多めなおかず2品で900円。どうかしてる。に笑いました!

言葉以上に伝わることってあるんですよね!いいお店だ〜。今度行ってみます!どうかしてるおつまみメニューを食べに!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。