見出し画像

花園神社

2018年の、夏になりかけの時期に
可愛いスカートをはいて
酔っ払いながら何が何だかわからず
ここに連れられてきたのがきっかけである。

グデグデに酔っ払っていたのに
「お参りに行こう!」なんていうものだから
そもそもそんなに土地勘がない私は
ひきづられるようについてった。

毎日の不安を一人ぼっちで抱えながら
なんとか、なんとかうまくいかせよう。
と、自分にただただ念じてた時期でもあって

手を合わせた瞬間に、
だらだらと愚痴やらなんやら
けど頑張ります。なので応援してください。
など、こんなにも初対面の女に
べちゃくちゃ喋られては、神様も困るだろうなと思ったのを、鮮明に覚えている。

それからというもの
ことがあるたびに、活躍するたびに
ありがとうございます。
とても勉強になりました。と
何度も挨拶に来た。

この新宿に来るたびに、
挨拶してるといっても過言ではないほど、
数え切れないくらい来ている。

季節が次々に変わっていき、
春が来たと聞いたので
鳥居をくぐれば桜がたくさん咲いていた。

2018年春から私は大きく変わった。
桜をこの場所で見ることを
私はこれっぽっちも予想していなかった。

何があるかわからないと
本当に実感する一年だった。

この花園神社での思い出は深すぎて
ここには書ききれないけれども
きっとこの場所が何年たっても
いつも頑張った時期を思い出させてくれる場所になるだろうと思う。

ここで泣きじゃくった思い出も、
ここで音楽したことも、
ここで駄々をこねたことも、
寝そべって怒られたことも
祭りに来たことも
初詣をしたことも

きっと忘れない。

私にとっての花園は、
唯一無二の支えの場所だ。

桜がとても綺麗だった。
さすがの美しさだと思った。

また挨拶に行けるように、
自分を磨いて、よりパワーアップしたことを
報告しにいきたい。

#花園神社 #新宿 #桜 #日記 #お花見 #年度末

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まだまだ勉強中の身ですが、作品を作るにあたっての経費に使わせていただきます。

7

星野せつり | 人で創る 写真

写真を撮る人。

写心

心を写す。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。