繝医Ν繧ウ蜀咏悄_蟯_驛ィ讒禄DSC_0084

#自己紹介 トルコの重力に魂を引かれた話

「大学でトルコ語を専攻した」というと、95%以上の確率で「なんでトルコ語だったの?」と返される。就活はもちろん、親戚の集まりでも旅先の飲み屋でも必ずと言っていいほどそう質問される。正直少し面倒くさい。

ところで、機動戦士ガンダムの主要キャラであるシャア・アズナブルは「地球の重力に魂を引かれた人々」と保守派を見下す。父ちゃんが革命の総大将だからって調子乗ってる、と思いつつ、その言い回しになんとなく汎用性を感じ、いつからか私も「なんでトルコ語?」と聞かれたら「トルコの重力に魂を引かれちゃったみたいで、アハハ」と返すようになった。一定の世代にはこれがわりとウケる。うまくいけばトルコの話題を終了することさえできる。いや、無理に終わらせる必要もないのだが、自分語りでそれまでの話の腰を折るのも本意ではないので、わざわざシャアの口癖を借りてまでお茶を濁しているのである。

しかし今回、noteを始めるにあたり、あらためて、私がトルコ語にたどり着いたいきさつをまとめてみたいと思う。

ことの発端は20年前に遡る。小学校高学年だったと思う。新聞の募集欄か進研ゼミか定かではないが、偶然のマッチングにより国際文通相手ができた。家族総出で辞書片手に解読したところ、手紙の送り主は私より一歳下の女の子で、トルコという国に住んでいるらしい。英語が好きだったとはいえ返事を書くのも一苦労だし、郵便が届くのにも時間がかかる。だいたいトルコって、どこ?何語?田舎の小学生なんてしょせんそのレベルだ。それでも奇跡的にやりとりは続いた。
そんな中、更に驚きの事実が発覚する。実は彼女の住まうレフコーシャは、トルコ共和国ではなく北キプロス共和国の首都だというのだ。詳細は省くが、北キプロスはトルコにしか国家として承認されておらず、国際郵便ではTURKEY扱い。トルコとギリシャの間に政治的な問題があるらしい・・・・・・。だんだんお互い多忙になり文通関係は自然消滅したが、この文通が「トルコ」や「あのへん」への動機づけになったのは間違いない。

そしてもう一つ。今度は実際にトルコ語学科に出願することになったいきさつである。高校3年、受験シーズンまっただ中だった。読書感想文の宿題にまで手が回らぬまま迎えた夏休み最終日。全国課題図書なら一冊くらい残っているだろうと図書館をのぞいたら、皆考えることは同じらしく本当に一冊しか残っていなかった。梨木香歩の『村田エフェンディ滞土録』だった。
読んでみると、オスマン帝国からトルコ共和国への転換期、激動の時代にイスタンブルの博物館に派遣された村田調査員が主人公。「滞土」ってそういう意味か、またトルコ(土耳古)か、と思いながら、適当に感想を書くつもりが、予想以上に感動してしまい、泣きながら文章を綴ったのを覚えている。それを翌朝プリントアウトし、教室で原稿用紙に写した。
後日、呼び出しをくらった。誤字だらけだと。そりゃ大急ぎで書き写したんだから仕方ない。ワープロ提出可にしてくれればいいのに、と内心思ったが、先生は続けた。コンクールに出すから清書してきて、と。結果、私の感想文は県の最優秀賞と某飲料メーカー奨励賞に選ばれ、ローカル新聞社に取材される事態に発展した。

察しのよい方はもうおわかりに違いない。取材の場で「大学ではトルコ語勉強したいです」などとお気楽ぶっこいたのが運の尽き。言ってしまったからにはもうヤケクソだった。

翌四月、東京外国語大学トルコ語学科に入学した。

以上が、イスタンブル駐在員の子女とか、国際結婚とか、ましてや両親のどちらかがトルコ国籍なんて運命に選ばれたわけでもない私がトルコの重力に魂を引かれた話である。

「認めたくないものだな、若さ故の過ちというものは・・・・・・」とまたシャアの台詞で締めれば更にウケそうな気もするが、トルコ(語)には今日までお世話になりっぱなしなので、それは言わないようにしている。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

役に立つ記事があったら「オヒネリ」をいただけますととても嬉しく思います。

ありがとうございます。励みになります。
5

KİSE

東京外国語大学トルコ語専攻卒業。在学中の手伝いのまま入社したフード系ベンチャー倒産後、医学出版で編集・制作を経験、その後再び転職。日本語のほか英語とトルコ語を話す。 旅行、美味しいもの、お酒が好き。ドラム、ベリーダンス、アラビア語、ロシア語、イラストなど浅く広くなんでも手を出す。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。