実家で療養しておりますという報告

書くかどうかめっちゃ悩んだんですけど、今の状態を関係各所の皆様に知らせておくべきだと思い、勇気を出して書きます。

LINEの連絡の遅延や、スケジューリングの調整等で迷惑をかけてしまってる方が何人かいて、あまり細かく状態をお伝えできていないというのもあり、詳細に且つ長く書けるnoteに事情を書きます。

読む!って方、最後まで読んでいただきたい。
序論、本論、結論の3個セットです。約束ですよ。

昨日、父親の紹介で心療内科にかかり、診察を受けたのですが、「適応障害」という診断結果をいただきました。

適応障害ってのは精神疾患の一つです。ググってみてください。

ネットでよく見る、
「会社に行く途中に足が震える」
「デスクに座ると手足が痺れて仕事にならない」
「吐き気が止まらない」
ここらへんの症状を悔しいことに全網羅してしまい、このままでは自分が壊れると思い、数日前に実家に帰ってきました。

人生で2回ほど、精神的に死にかけた時があったんですが、こんなにも露骨に身体に影響が出たのは初めてで、びっくりしました。

過去に適応障害になった友人が何人かいて、話をよく聞いていたので、会社で発症したときは「これが言ってたやつか〜」って感じでした。1ヶ月前くらいから、少しずつ症状は出ていたのですが、「これは気合でなんとかなるタイプのやつや!」と勘違いし、乗り越えようとしたのですが、どうやら難しかったっぽいです。でもお医者さんには、これ以上無理してたらヤバかったかもね〜と言われたので、どうやらナイスタイミングだったそうです。ありがとう、ナイスって言われるの好きです。

しばらくはゆっくり療養したほうが良いと言われ、あと数日は福岡にいようかなと思います。重ね重ねにはなりますが、関西でリスケの被害に遭われた皆様、本当にごめんなさい!

適応障害とは、ストレス要因から離れたら症状は緩和するとのことで、実家では比較的元気に生きてます。いや、元気ではないな。

例えるなら、ヌーーーーーーンって感じです(わかりづらい)。

実家ってかなり暇です。本読んだり、映画見たり、ダラダラしてもかなり時間が余る。

消費行動ばかりとっていると、どんどん心身の状態が悪くなっていくのは過去2回の精神事故で立証済みですので、回復のためにも生産活動はどんどんしていきたいところです(無理はしない程度に)。

しかしまぁ

人生ってなんでこんなに上手くいかないんでしょう。びっくりしてます。大学生活も8割方思い通りにいかず、2回も留年してしまい、やっと卒業して社会人やーってなってたらこのザマです。

学生時代キャリア支援やら就活相談やら、「人がイキイキと働ける」ことに興味を持って自分のできる範囲で活動してた徳永少年が、今やこんな状態、いやーダサい。

高校時代部活でもしてたら耐性ついてこういう状況に逃げずに立ち向かえたのかな?いや、でもゴリゴリの部活ガチ勢やった友達も休職してたな。

過去を責めたり、他人と比較しても無意味なので、自分と向き合うことをサボっちゃいけないな。でも俺って何でこんなうまくいかんのやろう、、、

ぶっちゃけ自己肯定感なんか下がりまくりで、夜寝る時はネガティブなことばっか考えてしまってます。

「あかん!おれはそんなもんじゃない!」

とAmazonプライムを開いて、過去のM-1グランプリを視聴して、審査員コメントを書き起こして、今年のM-1ネタをブラッシュアップする、そうなって気を紛らわしてる日々です。ビジネスマンとしてはどんどんしょぼくなっていますが、アマチュア漫才師としての腕はどんどん磨かれていってます。今年のM-1をお楽しみに。

とまあ半分冗談言うておりますけども(M-1 は実際に観てる)、まあ一応は生きております、という報告です。

僕にいつもマウントをとって楽しんでくるキャリア強者の皆様、今あまりそういうの求めてないので、ご遠慮ください。今プロレスする元気ない。ヌーーーーンとしてるので。元気になったら相手します、少々お待ちください。

僕の愛する友人たち、ほっておいてもらってもいいですし、もし暇やったらなんかイケてる音楽か、すべらない話かなんか教えてください。ふつうのメッセージでも多分めっちゃ喜びます。

(ちなみに、僕の友達2人にLINEで状態を報告したところ、こんな返事が。完璧な返しです。こんな人たちがいてくれるからこれからも生きれます。)

最初に序論本論結論しっかり構成されてますと嘘をつきましたが、実際何も考えず文章を書いております。ぐちゃぐちゃでごめんなさい。

今回の件に関して、

改めて入社から振り返ってみると「合わんかったんやろうな〜」の一言の感想に帰着します。

強いて言うなら、こんな状態になることを予期して就活をしていなかった自分が悪いです。

いやでもわからんくね?人生で初めての会社員だし。

こんな状態になって、会社を恨んだところで他責過ぎるし、自分を恨んだところでしんどくなるだけだし、いったん「合わなかった」という一言で敢えて置いておきます。

とは言え元気になったら、再発防止のために、しっかり今回の事象を分析したいと思います。


さて。

今後のことについて。

一切未定、全く考えれてないです。

会社に戻ったとしても、もっかい同じことなりそうやし怖いなーってのもあるし、

転職を選んだとしても、入社して3ヶ月でこういうことなるような人採用してくれる会社なさそうやなーってのもあるし、

フリーランスに戻ったとしても、もうちょっと会社員経験積みたかったって後悔しそうやなーってのあるし、

心機一転NSCに入学して、本気で漫才師を目指しても、霜降り明星との埋まらない差に絶望してまいそうやなーってのもあるし。

こんな状態で明るい未来を想像しろってのも無理な話で、ネバーヤングビーチじゃあるまいし。

今はとりあえずたっぷり栄養を取って、たっぷり寝て、たっぷり本読んで、たっぷり映画見て、状態の回復を待とうと思います。とか思いながら昨日今日と過ごしてきたのですが、ただ休むにしても、何かしないと元気は出ないですね。正直ここも全くアイデアがない。

ですので、関係各所各方面の皆様、もうちょっとお待ちください。
福岡にいる期間で元気になる可能性もあるし、ならない可能性もあります。どっちなんだい!とか言いながら筋肉ルーレットでもしながら少々お待ちください。

あかん、面白いこと全然書けない、、、

とりあえず、まあこれは神様から与えられたいい機会だと捉えて、有意義に使いたいと思います。無意義に使ったとしても、それもまた人生。サブスクの沼にだけははまらないよう気をつけます。

しょうみどうしたらいいのか、どう考えたらいいのか、全く状態ではあります。けどヌーーーーンとするのはもう飽きたので、試行錯誤しながらなんとか生きていく所存です。

長い文章でしたが、お読みいただきありがとうございました。

社会復帰したらまた飲んでくださいなー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

なんか人生が面白くなるもの買わせていただきます。

32

シゲヤマ

神戸在住 | 93年生まれ(25歳) | フリーのライター/編集者。時々翻訳とデザイン(紙限定)。あとは知り合いの会社の営業企画手伝い | プロ野球と銭湯と飲酒と漫才とDJ

コメント1件

64回生高崎です。お久しです。
僕も適応障害ではないけど、摂食障害で前職中に体重10kg落ちたりした。自分もそういう状態だったし、部下とか取引先にパニック障害の人とかもいて大変やった。
ある意味そこが転機だったというか、自分自身を見直すいい機会だったよ。
僕よりも色んな経験値持ってるだろうから、ゆっくり色々模索してみたらいいと思う。

ふぁいとです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。