3月9日 - 玉のようなわたし

今日、生まれて初めて、フェイシャルエステサロンに行った。そこで眉毛と顔をどうにかしてもらった後、同じ街の美容室も予約していたので、はしごした。顔も髪もぴかぴかつやつやとして、こんなに小綺麗な自分は生まれて初めてかもしれないと、感動していた。

以前インターネットのどこかで見かけた言葉を思い出す。「自分が思い通りにできる人間は自分自身だけ、だから自分自身を、自分好みにカスタマイズする」。いい言葉だ。私もその精神で生きていこうと思って、エステサロンはその第一歩だった。※この言葉の出典をご存知の方は教えてください。

半年ほど前、頬の一点が痛んだ。触れると、奥の方にしこりがあった。ニキビができるのだろうかと思って様子を見ていたのだが、実際ニキビではあったものの、今までできたどんなニキビよりも大きかった。それが、顔のいたるところにできた。右頬に2つ、左頬に3つ、顎に大小様々なものが5つ、小鼻に1つ、眉間に1つ、おでこに2つ。こんなことは初めてだった。顔中痛くて、化粧もできず、マスクも付けられなかった。もはやヤバイ皮膚病なのではと怖くなり、皮膚科に行った(結果ただのニキビだった)。処方してもらった塗り薬は効果絶大、ひと月と経たずにニキビは消滅した。その代わり、クレーターがいくつも残った。

これまで数多のニキビが私の顔に現れては消えてきたが、穴が残ったのは初めてのことだった。ショックだった。その穴ぼこの顔を抱えてエステに行く決意をしたのは、そこでできるダイヤモンドピーリングが、ニキビ跡に効くと聞きつけてのことだった。気休めに過ぎないかもしれない。施術が終わってつるつるになった自分の顔を撫でていたら、幾分か自分の顔に自信を取り戻せた気持ちがした。おまじないみたいなもんだった。

そうだ、自分の面倒を見るのは自分。自分をいい女にカスタマイズできるのも、自分だけ。

※髪の毛のことは3月1日の日記で触れました

#日記 #絵日記 #ニキビ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。