正義の味方と遠慮太郎では双方にとって良くないのではと思う話

私は自分の主張をしっかりするよりは、
遠慮してしまうタイプです。

時には、私が我慢していれば、、なんて
被害的に思うこともありました。
(ここでいう遠慮はそういう、私さへ我慢していればに起因する遠慮を指したいと思います。)

だけど不思議とそんな時、
誰かが力になってくれていることに
気が付きづらくなる。
後になって、〇〇さんが手を貸してくれていたんだって気付くことかある。

私さへ我慢していれば、という考え方って実は“ありがとうが”入る余地が
少なくなる気がします。

一方

こういう時はこうすべきでしょ‼︎
という正義感。
それは正論かもしれない。
それは成果を生むかもしれない。

だけど、その反面
それが出来ない人=バイキンマン
になりやすい。
そうなると、正義の味方は時に人を傷つけたり、追い詰めたりすると思うのです。

こうすべきでしょ‼︎というヒーローと
私さへ我慢していれば、、の遠慮太郎の間に感謝は生まれるのでしょうか。

ここで、正義のヒーローが少しだけ、こうすべきでしょ‼︎、、と思うけれどそれが出来ない事に何か理由があるのかな⁇
いや待てよ、こうすべきは果たして本当に正しいのか⁇と思ってみると

ここで遠慮太郎が、私さへ我慢していればいい、、んじゃなくて私はこう思っているんですけど、、⁇と相手に伝えてみるとどうなるだろうと思ってみると、、

片一方がそれを実行するには、ストレスがかかりそんな簡単にはいきません、となる気がするけれど双方がそう思えた時に
起こる反応は意外な視点だったり、
相手の良さだったり、感謝だったり

優しい環境になるのではないでしょうか。

世の中に出来ない人間なんていないわけで。皆んなが本当に⁇、、と自分を疑ってみると少しだけ優しい社会になるような気がするそんな梅雨のつぶやきでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご一読、ありがとうございます🌸
5

いらっしゃいませ♪

*タバコ屋不思議本日開店 (2019年2月7日〜) *日記やエッセーみたいなもの。日々、感じたこと、思ったこと、小さな出来事を書きたいと思います♪üsui
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。