3月6日は啓蟄らしい II

店内は見た目同様に落ち着いている。
通りが見える長机の席に持ち物を置き、
注文へ。

メニューは手書きで分かりやすく、イラスト共に“シフォンケーキ始めました”
という文字が楽しげに記されていた。

普段はケーキなんてたのまないが、お客もいないしこの楽しげな文字を見ていると不思議とシフォンケーキを食べてみたいと思った。ブラックコーヒーとシフォンケーキを注文して席へ着く。

注文した品を待つ間、早速“啓蟄”について調べてみた。読み方も分からないから、、

"2019年3月6日"と検索。

すると上から5つ目あたりに
【啓蟄の意味とは】というサイトが出てきた。サイトを開いて内容を読むと
【けいちつ】
冬に眠っていた生き物が、春を迎えて地上に這い出てくる日。

と記されていた。

ふと、春と虫が使われている漢字を何かの小説で見たことがあることを思い出した。

、、、


蠢き、まさに蠢きだ。


今日この言葉を調べるために、以前は入れなかったこの店に来て、普段はたのまないケーキとコーヒーなんてものを注文した。
そしてバレンタインデーのあの日からこの店のノートを介して、自分が少しずつ変わろうとしている。

今1番蠢いているものといえば、、
俺自身、自分が変わりたいと思っているこの心なのだ。
この啓蟄の日に俺はこのよく分からない店にわざわざ来た。いや、来たのではなく何かに引き寄せられたのかもしれない。


その時コーヒーとケーキが運ばれ、
俺は自分でも驚くくらいハッキリとした声で「ありがとうございます」とガスマスクの店主へ向けて発していた。

ガスマスクの店員はゆっくりと頷く。

その表情は分からないけれど、それは
とても優しい頷きに感じられた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

また遊びに来てください😊
4

いらっしゃいませ♪

*タバコ屋不思議本日開店 (2019年2月7日〜) *日記やエッセーみたいなもの。日々、感じたこと、思ったこと、小さな出来事を書きたいと思います♪üsui

タバコ屋不思議

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。