eanbe_mv01のコピー

アロハシャツが好きすぎてとうとうブランド立ち上げてしまった話

初めまして、自称アロハおじさんのシモジキーチ(25歳)です。
私はアロハシャツが好きすぎて、1年のほとんどをアロハシャツを着て過ごしています。
遊びに行く時だって、デートの日だって、もちろん冬の日だってアロハシャツ。

画像1

画像2

アロハシャツを着こなせてる人ってかっこいいんですよね。ミュージシャンも、おじいちゃんも、ちょいワルおじさんも。

じゃあ、どんな人がアロハシャツを着こなせるのか。
それは、毎日を楽しそうに、気持ちよさそうに生きてる人。
そういう人達ってどんなに派手なアロハシャツでも服に着られてない。

アロハシャツって、フラガールとかお花とかハワイアンのライフスタイルを表現しがちって思われてるけど、実は日本の着物がアロハシャツの根源だから、和柄もたくさんある。
そこに時代が進んできて、今は制作者の伝えたい想いをデザインに落とし込んでるアロハシャツが多くなってきてるんです。

だから一枚一枚に個性を出せるし、アロハシャツを着ることによって自分の気持ちを表現できると思うんですよね。

そんな魅力に取りつかれて休みの日には古着屋にアロハ探しに行って、そのまま酒を飲んで、潰れて。笑

インスタで見るのもアロハシャツばかり。そんなアロハ人間が私シモジです。

画像3

そんなアロハライフを過ごしてたら、「季節を間違えてるよ。」とか「柄悪すぎ。」とか馬鹿にされることもしばしば。

でも、私にとってはそんなこと全く気になりません。
なぜならどんな服を着るよりもアロハシャツを着てる自分が好きだから。

アロハシャツを着ることで自分が自分でいられた気がしたんです。

そしたら面白いことに周りの見方ってどんどん変わってくるんです。
気付けば「どこのブランドがいいの?」「どこで買えるの?」なんて聞かれるようになっていました。
つまり、周りの人から”自分=アロハシャツ”と認知してもらえるようになっていたんです。

アロハ大好き人間の自分からしたら、最高の瞬間です。僕が一年中アロハシャツを纏うことによって、やっとアロハシャツの魅力をわかってもらえた。こんなに嬉しいことはありません!

画像4

そんな時に思ったんです。

もっともっとアロハシャツの魅力を広めたい!
さらには、自分でアロハシャツのブランドを立ち上げたい!
年中アロハシャツを着る自分が自信を持ってオススメできるアロハシャツを作りたい!

...しかし、そんな思いだけが募るまま、気付けば数年が経っていました。

ブランドを立ち上げるとか所詮、夢物語。
Tシャツやパーカーならまだわかるけど、アロハシャツなんて作り方も分からない。
特別な人しかできないんだって決めつけて、故郷である沖縄に帰ろうと思ってました。

そんな時です。
ある仕事でアーティストの方と仕事する事になりました。

画像5

酒井大輝さん。アーティスト。
僕が4年前に上京して初めて働いたアルバイト先で出会った、東京でできた初めての友達。

この人、今まで出会ってきた人とちょっと違ったんです。
初めて会った時から、まっすぐに自分のやりたい事をやって生きていきたいって豪語して、恥ずかしくて人前では言えないような事を当たり前のように言える人。

僕はその時、アロハシャツで食べていくなんて夢にも思ってもいなかったから、Webデザイナーの下っ端として働き始めたタイミングでした。
だから、お互いもっと大きくなったら大輝さんのHPを作らせてくださいって約束したんです。

それから数年後、僕はWebデザイナーとして東京で食っていけるようになっていて、大輝さんも音楽活動が軌道に乗り出していました。

そして昨年、約束どおりHPを作って、気付けば大輝さんのバンドと一緒にワールドツアーにまで行っていました。

画像6

そんな旅から帰国した時に決意しました。
人生は一度きりなんだから、やりたいことをやらないと。

アロハシャツのブランド、今こそやってやろう。

そう決めてからの毎日は怒涛でした。
右も左も分からない中、デザインからボタン一つまで全てに魂を込めました。

どんなアロハシャツを着たら良いか分からないという全ての方に届くように。
毎日、このアロハシャツを着たら自然といい気分になれるように。

元々服が好きで、自由に気持ちよく生きていきたいというマインドが僕とマッチしてる大輝さんも途中から手伝ってくれて、今日まで走り抜きました。

画像7

画像8

画像9

Photo by クロカワリュート(@ryuto_kurokawa )

今回作るブランド名は「Eanbe」意味は沖縄の方言でいい気分を意味します。"ポップな渋さ"をコンセプトに、纏っている人がいい気分になれるライフスタイルブランド。

アロハシャツのブランドですが、僕らはライフスタイルブランドと定義しています。
それは、このアロハシャツを着たらみんな最高な人生を歩んでいける。
そんな想いをこのシャツに込めています。僕自身がそうだったように。

正直不安もあります。でも、勇気を振り絞って挑戦してよかった。
今はそっちのワクワクの方がはるかに勝っています。

作ったアロハシャツを着てくれたあなたが最高なライフスタイルを送れると思うとこんなに嬉しいことはありません。

この夏はEanbeのアロハシャツとともに過ごしてくれたら嬉しいです。
最後まで読んでくれてありがとうございました。

画像10

online shop
https://www.e-anbe.com/
Instagram
https://www.instagram.com/eanbe_official/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

78

アロハおじさん

Eanbeというファッションブランドを運営しております。 (https://www.e-anbe.com/)

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。