地下鉄を使うイベントを自転車縛りにしてみる。 ~「地下謎への招待状」を地上で解く。~

1.自転車の旅は、突然に。

こんにちは、しゃると申します。
日々をしがないサラリーマンとして瀕死で過ごしながら、空いた時間でラーメンとリアル脱出ゲームを摂取することで生きながらえています。

その昔AnohterVisionとかいうサークルも作りましたが、今では立派な老害です。

ところで皆さん、「地下謎への招待状」ってご存知ですか。
「リアル脱出ゲーム」を世に送り出したSCRAPさんが年に一度主催している、東京メトロとコラボした謎解きゲームです。

かっこいい。東京メトロ構内にもあちこちに広告が貼られていました。

「謎解きゲーム」を簡単に説明すると、

・謎(と呼ばれる問題)を解くと、目的の駅がわかる
・行く駅がわかるので、東京メトロで移動する
・目的駅に到着したら、指示された場所にいく
・次の謎を解くための情報が手に入る
・それを繰り返して、最後の答えが分かったらクリア!

というもの。今回は、それを東京メトロを使って解きましょう!というゲームです。


初めての人にも解きやすい難易度で、なおかつシンプルでわかりやすく、僕はいつも『デートで使えるよ!デートしなよ!デート!』と周りに勧めています。

しかしながら、1つ大きな問題があります。
あのですね、謎解きに慣れてしまうと、飢えてしまうんですよ。難易度の高い謎に。
でもこのイベント、沢山の方が触れられるように、また楽しめるように、そこまで難しくは作られていません。なんて!よく考えられている!!ありがた迷惑!!!
このままでは「謎がスルッと解けて、淡々と電車に乗って、次の謎を解く」というなんとも修行僧のお遍路参りのようなゲームができあがってしまいます。焦らしも山もオチもない、世界史の先生の授業のようです。

そこで私は考えました。問題の難易度を変えることはできない。では。

「地下謎、縛りプレイでやったほうが面白いのでは??」

そんなことで集めたのがこの2人です。

213:

大学時代のサークル後輩1号。モンスターズインクのサリーに似てる。サークルではデザインからプロジェクトの取りまとめまで何でもできる凄いマン。無茶振りに対して概ね応えてくれる。使い勝手がいい。

尾羽:


大学時代のサークル後輩2号。高身長の好青年。サークルではその高身長を活かし、アテンドやとっつきやすいお兄さんスタッフをしている。使い勝手がいい。

2人にはサイクリングに行くという名目で集めました。

何も知らない無垢な笑顔。

213「ところで、今日どこ行く所は決まってるんですか?」
尾羽「まる1日かかるとは聞きましたが」
しゃる「今日はね、地下謎をやります」
213「えっ?地下謎?あの?」
尾羽「地下鉄乗るやつじゃないですか」
しゃる「うん」

213「・・・ん?」
しゃる「地下鉄は使いません」

尾羽「・・・ん?」

しゃる「きっと都会のサイクリングは気持ちいいよ!最高のサイクリング日和だ!」

213「いや明日も仕事だし・・・」
尾羽「僕自転車ですし・・・」
しゃる「終わったら後楽園のスパラクーア行こうぜ!」
213&尾羽「・・・」
しゃる「ラクーアもご飯もなんも全部おごるから!」
213&尾羽「やりましょう!」

ちょろい

今回はこれらの自転車レンタルを用意しました。

クロスバイク:GIANT ESCAPE R3。奇しくも「ESCAPE」の名を冠する。
電動自転車:東京自転車シェアリングにて貸し出されいる電動自転車。都内にある約300箇所のポートで貸出・返却が可能。
ママチャリ:無印良品 有楽町店でレンタル可能。どうしてママチャリにしてしまったんだ。

そんなわけで、日曜の雲一つない晴天の下、2人(+1人)は東京駅に集まったのでした。

やるぞー!

213「しゃーないですね・・・とりあえず地下謎キットを買いに行きましょう」(しぶしぶ
しゃる「あ、ちょっと」
213「ん?」
しゃる「地下謎キット、東京駅には置いてないんですよ。」

しゃる「銀座行きましょう」




2.始まりの地

10:00 東京駅 → 銀座駅

地下謎のキットは銀座・上野・池袋・新宿・渋谷の5つの駅の定期券うりばで買うことができます。みんなも気をつけよう!

無事にキットを手にすることができた3人、とうとう地上地下謎が始まってしまいます。
ここで、ルールをまとめます。

<地上地下謎ルール>
1.移動は自転車、または徒歩とする。
2.自転車の交通ルールは厳しく遵守する。
3.どうしても、万が一何があっても電車に乗らなければならない場面に遭遇した場合、一度目的の駅まで電車に乗り、引き返して自転車で移動する。
4.問題を推測で突破してはならない(現地のヒントは必ず現地で見つける)。

さて、それでは最初の問題を解きます。

が、ここで皆さんにお知らせがございます。

リアル脱出ゲームを始めとする、謎解きイベントのほとんどはネタバレが禁止です。

そう、つまり、我々はお見せすることができない・・・っ!

無論、我々は見せたい・・・っ!

イベントの一部始終を・・・っ!

が、ダメ・・・ッ!

コンプライアンス・・・ッ!謎解き業界のマナー・・・ッ!

というわけで、これ以降ほとんどの画像がモザイクだらけの卑猥な感じとなります。
皆さんの想像力・妄想力で補足してください。ただしもしかすると駅名や路線名がわかってしまう可能性があるため、ネタバレされたくない方は今すぐブラウザバックだ!

見せられないよ!

問題は、多くの方もとっつきやすい難易度、3人は華麗に解き進めていきます。
しかし、ここで我々はあることに気づいてしまったのです。
この地上地下謎、謎を解けば『次に行くべき駅』がわかるようになっています。
謎が解けた快感の直後に走り込んできた悪寒。

「俺達は次どこに連れて行かれるんだ・・・!」

なんということでしょう、普段ならばサクッと問題が解ければ答えをただ記入するだけ。しかしどうでしょう、この地上地下謎では「どれだけ移動しなければならないか、という現実を目の前に突きつけられる」恐怖と闘う必要があるのです。

それでも楽しそうです。

しかし、僕達には「地上地下謎」遂行のための心強い味方がいたのです!それがこちら、「BeeLine

アプリで目的地を設定すれば、目的地の方角と距離がわかるという「電子コンパス」のようなもの。自転車のハンドル部分に付けられるため、一々進む方向を確認しなくてもすみます。


ただし、盗難防止の為取り外したりすると、その度にキャリブレーション(BeeLineの方向補正)が必要になり、その度に自転車を振り上げることになります。

20回位やってた。


出てきた答え=向かうべき駅=自転車を漕がなきゃいけない距離にめげることなく、僕たちは自転車を走らせました。

東京の街っていいですよね、こう、きれいっていうか、整っているっていうか。

街と文化が融合しているっていうか?人々が根付いている感じがあるっていうか?

そういう、街全体の空気というか、雰囲気がわかりますよね。自転車旅サイコー。



3.そして時は来たれり

そうしているうちに、午前であっという間に最初の段階が終わってしまいました。
尾羽「順調」
213「昼飯に調子乗って1,800円使った」
しゃる「意外と余裕そうやんけ、つまらん」
213「えぇ・・・」

おひるごはん

それからも、襲いくる問題をバッサバサとなぎ倒し続けた3人。
しかし、とうとうその時が訪れました。
そう、ルール3。このゲーム最大の縛りであり、唯一の妥協点。

3.どうしても、万が一何があっても電車に乗らなければならない場面に遭遇した場合、一度目的の駅まで電車に乗り、引き返して自転車で移動する。

しゃる「乗りましょう!」



尾羽「根本やってるゲームが違う」
213「どこまで行くんだ・・・」
同じ車内には、行き先がわかってウキウキしているカップルやグループが。そうだよね、君たち着いたらそれで謎解きに行けばいいんだもんね。
僕たちはそっから同じ道戻って自転車移動なんだよ早く行き先で止まれ~~~~

着いた。降りた。

反対側に乗った。
※ネタバレ防止のため、モノクロ写真にしたら週刊誌のスクープみたいになりました。


4.そして終着駅へ

戻った!さぁ!とうとう最後の駅を目指します!!

うおおおぉぉぉ!!

うおおおおおおおおぉぉぉ!!!!

壺男したり

うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉ・・・




ついたあああああああああああああ!!!

しゃる「お疲れ様でした!!」
213「疲れた!やりきった!!!」
しゃる「あれ?そういえば尾羽君は?」
213「ん?」

そういえば

あれ・・・?まさか、

尾羽「いやぁ、東京メトロって便利だね!漕がなくても進む!」

尾羽「東京のいろんなところが回れて、しかも1日乗車券がついてて、謎解きもできる!」

尾羽「地下謎最高!」




5.旅の終わりはいつも清々しい

というわけで、10:00~18:00まで、計8時間の旅でした。

 見よ、この尾羽の清々しい表情を。これが東京メトロの力だ。

結論
・「地下謎への招待状 2017」は自転車でやっても楽しかった!8時間かかるけど、東京の町並みが美しい!
東京メトロは便利!行きたい所に素早く、楽ちんで行ける!
・ママチャリで都内長時間走るのはやめとけ!!

3人はその後、約束通り後楽園にあるスパラクーアで疲れを癒やしたのでした。
移動はもちろん、東京メトロで!


<地下謎への招待状 2017>
http://realdgame.jp/chikanazo/4/index.html
2018/1/31まで開催。
謎解きキット(東京メトロ1日乗車券付き)2,160円+謎付きペットボトル代

<BeeLine>
https://kibidango.com/497
サポーターを集めていましたが、現在では目標額に達成しています。
価格:19,800円(送料・税込)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

しゃる

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。